F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
3 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
17 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
23 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
37 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
51 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
58 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
72 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
79 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
93 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
107 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
135 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
142 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
149 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
163 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
170 days
07 10月
次のセッションまで……
177 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
191 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
198 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
206 days
03 12月
次のセッションまで……
234 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
243 days

ベッテルPP獲得を喜ぶ「昨日は消火器、今日は僕が爆発だ!」

通算50回目のポールポジションを獲得したベッテルは、最後のアタックでマシンのコントロールを失いかけていたと明かした。

ベッテルPP獲得を喜ぶ「昨日は消火器、今日は僕が爆発だ!」
Sebastian Vettel, Ferrari, celebrates pole position
Pole winner Sebastian Vettel, Ferrari, talks to second place Max Verstappen, Red Bull Racing
Pole sitter Sebastian Vettel, Ferrari SF70H celebrates and waves to the fans
Pole sitter Sebastian Vettel, Ferrari SF70H celebrates and waves to the fans
Pole sitter Sebastian Vettel, Ferrari SF70H

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、予選Q3の最後のアタックでマシンのコントロールを失いそうになっていたと話した。

 Q3でレッドブルのマックス・フェルスタッペンが最速タイムを出した際、ベッテルは最後のアタックで何か特別なものを引き出す必要があった。

 しかしベッテルはセクター1で全体の最速タイムをマークした後、セクター2のターン6で2速ギヤの調子が悪く、それをリカバーするために1速へ落とすことを強いられたという。

 幸運なことに、ベッテルは少しタイムロスをするだけにとどまり、走行を継続。そしてフェルスタッペンに対してわずか0.086秒差でポールポジションを獲得した。

 フェルスタッペンに勝った気分について聞かれたベッテルは、こう話した。

「彼はQ2でとても速かったけど、どこでそれを引き出しているのかわからなかった。僕たちは全ての力を出し切らなければならなかった」

「ここではそれが難しかった。ここの標高はアスファルトなどにも影響を与えるし、そのせいで滑りやすくなる。それでも彼は他のドライバーよりも0.4秒以上も速かった。僕はどうやってそれをやればいいのかと考えたよ」

「セクター1でクリーンなところを走ることができれば大丈夫そうだと考えていた。でもターン6であることに気がついた。マシンのコントロールを失いそうになって、1速にしなければいけなかった。でもタイムロスをせずになんとかそれをこなすことができた」

「そのあとは最後までプッシュできた。アタックを終えたあと、(トップに)近づけただろうと思っていたけど、他の人たちがどうなのかわからなかった。ポールポジションだと聞いたときは、マシンの中で、僕はまるで爆発したみたいだったよ。昨日は消火器が爆発したけどね……でも今日は本当の爆発だ!」

 通算50回目のポールポジションを獲得したベッテルだが、タイトル争いのライバルであるルイス・ハミルトンが5位以内に入賞した場合、今年のタイトル獲得のチャンスを失うことになる。

 ベッテルはレースへのアプローチや、レースで優勝してもタイトルを失った場合にどう感じるかについて、以下のように話した。

「それについて議論する必要はない。僕たちは自分のレースをするし、他の人たちが何をしているのかについて話しても無駄だ。僕たちはこのポジションにいるのだから、自分のレースペースを最大限に活用する必要がある」

【関連ニュース】

シェア
コメント
トロロッソ代表「クビアトには不運もあったが、互いに信頼を失った」

前の記事

トロロッソ代表「クビアトには不運もあったが、互いに信頼を失った」

次の記事

フェルスタッペンに無罪判定。Q3でのボッタスへの進路妨害は責任なし

フェルスタッペンに無罪判定。Q3でのボッタスへの進路妨害は責任なし
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第18戦メキシコGP
ロケーション アウトドローモ・エルマノス・ロドリゲス
ドライバー セバスチャン ベッテル
チーム フェラーリ
執筆者 Jonathan Noble