ペレスもグリッド降格ペナルティ。イタリアGPで9人目

フォースインディアのセルジオ・ペレスもギヤボックス交換により、グリッド降格ペナルティを受けることになった。

 フォースインディアのセルジオ・ペレスは、ギヤボックスを交換したことで、イタリアGPで5グリッド降格ペナルティを受けることになった。

 ペレスは予選で11位だった。しかし、前方の複数台のマシンがパワーユニット交換によるグリッド降格ペナルティを受けたため、8番グリッドからレースをスタートすることになっていた。

 しかし、ペレスもギヤボックスを交換することを決めたため、このグランプリでグリッド降格ペナルティを受ける、9人目のドライバーとなった。これにより、ペレスは12番グリッドからスタートすることになるとみられる。

 今回グリッド降格ペナルティを受けるのは他に、レッドブルのダニエル・リカルド(25グリッド)とマックス・フェルスタッペン(15グリッド)、マクラーレンのフェルナンド・アロンソ(35グリッド)とストフェル・バンドーン(35グリッド)、トロロッソのカルロス・サインツJr.(10グリッド)、ルノーのニコ・ヒュルケンベルグ(10グリッド)とジョリオン・パーマー(15グリッド)、ハースのロマン・グロージャン(5グリッド)となっている。

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 イタリアGP
サーキット モンツァ
ドライバー セルジオ ペレス
チーム フォースインディア
記事タイプ 速報ニュース