F1
28 3月
イベントは終了しました
16 4月
次のセッションまで……
1 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
15 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
21 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
35 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
49 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
56 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
70 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
77 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
91 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
105 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
133 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
140 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
147 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
161 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
168 days
07 10月
次のセッションまで……
175 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
189 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
196 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
204 days
03 12月
次のセッションまで……
232 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
241 days
Formula 1 2017
トピックス

Formula 1 2017

ペレス、ようやくスポンサー契約がまとまり、チーム残留発表

ペレスのフォースインディアでの参戦継続が、日曜日夕方にようやく発表された

ペレス、ようやくスポンサー契約がまとまり、チーム残留発表
Sergio Perez, Sahara Force India F1 VJM09
Sergio Perez, Sahara Force India F1 on the drivers parade
Sergio Perez, Sahara Force India F1 with Hello Kitty

 フォースインディアは、来季もセルジオ・ペレスとニコ・ヒュルケンベルグのペアでF1を戦うことになった。

 フォースインディアとペレスは、来年の契約を数カ月前に結んだにもかかわらず、ペレスの個人スポンサーとの商業契約がまとまっていなかったために、ペレスの去就は不透明だった。

 マレーシアGPの週末の前に事態は進展し、最後の問題だった給料の支払いについても、日曜日に合意に至った。

 マレーシアGPの決勝後、すでに残留を発表していたヒュルケンベルグのチームメイトとしてペレスが残留することが、チームから公式に発表された。

「2017年も、サハラ・フォースインディアチームでレースをすることがわかって嬉しいよ。僕のスポンサーとチームが合意に至ったんだ」とペレスは語った。

「このチームにいられてすごく幸せだし、将来について素晴らしい感触がある。過去数年を通して、僕らは進歩を遂げてきたし、もっと前進するポテンシャルがこのチームにはあると確信している」

「チームは僕のことをよくわかっているし、来年のようにルールに大きな変更がある年は特に、一貫性が重要になる。今シーズンの残りのレースと、2017年に待っているチャレンジに興奮しているよ」

「僕を信じていてくれたチームのみんなに感謝だ。僕は彼らの信頼にベストを尽くして応えたい。ポイントを稼いで、表彰台に乗って、うまくいけば優勝することだってあるかも」

「メキシコのパートナーにも感謝したい。特にテルメックスとテルセルだ。僕が若い時から僕を支援してくれている。僕がこのスポーツを続ける上で、重要な役割を果たしてくれているんだ」

 ペレスはルノーチームを目標にしていたが、ルノーはペレスに3年契約を求めた。ペレスは2018年、フェラーリのシートを狙っているため、この要求を受け入れなかった。

 また、フォースインディアと合意に至る前の段階では、ペレスはフェラーリでの将来につながる、ハースへの移籍を考えていたようだ。

関連ニュース長くは待てない」とペレス。一方、ハースとの契約の噂も……?

シェア
コメント
果敢な1ストップでボッタス5位入賞。スメドレー「紙の上ではリスキーだったかもしれないが」

前の記事

果敢な1ストップでボッタス5位入賞。スメドレー「紙の上ではリスキーだったかもしれないが」

次の記事

バーレーンテストを拒否するホーナー。「小規模チームに対する”いじめ”だ」

バーレーンテストを拒否するホーナー。「小規模チームに対する”いじめ”だ」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー セルジオ ペレス
チーム フォースインディア
執筆者 Jonathan Noble