ホンダか、ルノーか。レッドブルのPU選択期限は”規則通り”今年5月に

56,661 見る

ルノーはFIAのレギュレーションを”尊重”し、2019年以降もレッドブルにエンジン供給するかどうかを今年5月に決定すると述べた。

 ルノーのマネージングディレクターであるシリル・アビテブールはFIAのF1競技規則を尊重し、2019年以降のレッドブルへのパワーユニット(PU)供給決定に関して、5月を締め切りとすると語った。

 現在、タグホイヤーのバッジをつけながらもルノー製PUを搭載しているレッドブル。そのPU供給契約は2018年限りで切れることになっている。一方でチームは、彼らの姉妹チームであるトロロッソに今年から搭載されるホンダPUのパフォーマンスにも注目している。

 つまりレッドブルはルノーとホンダ、どちらと2019年以降のPU供給契約を結ぶのか悩ましい判断を迫られているのだ。

 オフシーズンの合同テストが行なわれているバルセロナで、レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、どちらの選択肢を選ぶこともありうると話した。

「2019年以降に関しては、すべてがオープンだ」

「我々はトロロッソがどのような進歩を遂げるかに細心の注意を払っていくが、開幕に向けて先入観といったものはない」

 一方で、ルノーはレッドブルの決断を待つつもりはないようだ。ルノーはFIAのF1競技規則 付則9に定められている期限に従うことを望んでいる。

 付則9にはPU供給に関する詳細な規則が定められており、その中には、PU供給チームが最も少ないマニュファクチャラーはFIAから要請を受けた場合、PU供給契約を結んでいない他のチームへとPUを供給する義務があることも記されている。

 つまりもしレッドブルがルノーと契約を結ばなかった場合、トロロッソにPUを独占供給しているホンダに、レッドブルと契約を交わす義務が生じるということだ。

 ルノーが考える期限とは、この付則9に書かれている以下の部分が該当する。

チームにパワーユニットを供給することを希望するPUマニュファクチャラーは、そのパワーユニットが供給される年の前年の5月15日までに(または全PUマニュファクチャラーとFIAの間で書面により合意された他の日付)、FIAに書面で通知しなければならない

 この要件には柔軟性があり、昨年に行われたトロロッソとマクラーレン間で行われたPUの”スイッチ”もその一例だが、ルノーはこの付則を尊重し今年の5月をレッドブルの決定を待つ締め切りだと考えているのだ。

「我々には、ただ何もせずにいつまでも待つつもりはない」と、アビテブールはmotorsport.comに語った。

「クリスチャンは選択肢があると言っていたが、それが何かはわかっている」

「彼は完全に正しい。彼と同じく私も契約書を読み込んでいるし、F1に参戦する上での義務が我々にあることもわかっている」

「ただ、明らかなことがひとつある。レッドブル・レーシングが自分たちの将来を決めるのには、期限があるということだ。それは競技規則に書かれていることであり、今も有効だ」

「5月までに誰がどのチームにPUを供給するかを明確にする必要があると、私は考えている。我々に関して言えば、それが締め切りになるだろう」

 アビテブールはレッドブルがルノーとの契約延長を望む場合、その締め切りまでに契約の意思を明確に示せば、新しい契約の詳細を期限までに詰める必要はないと認めている。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース