「ホンダと組むのは、多く可能性があると確信したから」トロロッソ代表

トロロッソのフランツ・トスト代表は、来季からホンダと組むことについて「非常に誇り」とし、多くの可能性があると感じているという。

 トロロッソのチーム代表であるフランツ・トストは、来季からホンダと組むことについて「非常に誇りに思っている」とし、ホンダには多くの可能性があると考えている。

 2018年シーズンのF1は、パワーユニットの使用制限がさらに厳しくなる。エンジン(ICE)、ターボチャージャー、MGU-Hはそれぞれ3基まで、MGU-K、コントロール・エレクトロニクス(CE)、エナジーストア(回生エネルギー用のバッテリー)に至っては2基までしか使うことが許されず、それを超えて使う際には、グリッド降格ペナルティが科されることになる。しかも、レース数は今季より1戦多い21戦だ。

 今季のホンダ製パワーユニットは、信頼性の問題が多発し、多くのグリッド降格ペナルティを受けた。その結果、ホンダはマクラーレンとの関係を解消し、来季からはトロロッソにパワーユニットを供給することになった。

 新たにホンダ製パワーユニットを使うことになるトロロッソのトスト代表は、新しい関係性についてポジティブな面のみ考えていると語る。

「まず最初に、来季のエンジンテストを見てみなければならない。そしてその後、ペナルティの可能性について考えることができる」

 トストはそうmotorsport.comに対して語った。

「しかし、それを考えるのはまだ早すぎる」

「ホンダと共に仕事をしたいとリクエストしたのは、ホンダが多くの可能性を秘めていると確信しているからだ。ホンダは世界に広く知られた自動車メーカーであるし、モータースポーツにおいても素晴らしい歴史を持っている」

「独占的なパートナーとして、共に働けるということについて誇りに思っている」

「今は、活動を始める時だ。そして成功に向け、トロロッソ側でもホンダ側でも、完璧な仕事ができることを願っている」

 ホンダとの契約により、トロロッソにはこれまでより潤沢な予算がもたらされ、開発リソースを増やすことができるという。しかしトストは、それについては慎重に扱う必要があると考えている。

「予算とインフラの構築は、また別の話だ」

「この全てには時間がかかる。そしてもちろん、開発の面で緊急に何かをする必要がある場合、それについては我々のリソースの中でそれを進めていくことになる」

「しかしながら、我々は新しいスタッフを招き入れている。それは、我々にとっては必要なことなのだ」

「我々は2018年に向け、全く異なる計画を持っていた。レッドブル・レーシング、またはレッドブル・テクノロジーから供給を受けるリヤエンドを使おうと考えていたのだ。しかし、もはやそうではない。我々は別のエンジンを使う。このプロジェクトを成功に導くためには、新たなスタッフを迎え入れる必要があるのだ。しかし、これは通常の課程だ」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム トロロッソ
記事タイプ 速報ニュース