ホンダ田辺TD「トロロッソ・ホンダはチームとしてうまく行っている」

初日に引き続きテスト2日目も5番手タイムを記録したトロロッソ・ホンダ。ホンダの田辺テクニカルディレクターが、この日を振り返った。

 スペインのカタルニア・サーキットで行われているF1合同テスト2回目の2日目、トロロッソ・ホンダはブレンドン・ハートレーがドライブを担当し、前日に引き続き5番手タイムを記録した。小さなトラブルこそあったものの、この日は119周を走ることに成功している。

 ホンダF1の田辺豊治テクニカルディレクターは、チームのプレスリリースに次のようにコメントした。

「晴れ渡った空と暖かい気温は、テストにとっては理想的でした」

 田辺テクニカルディレクターはそう語った。

「ブレンドンは、1回目のテストで悪天候に見舞われ、多くの走行を行うことができなかった」

「我々は昨日に引き続き、実際のレース活動に焦点を当て、シャシーとパワーユニットの両方でプログラムを続けました。119周を走破することができたため、ポジティブな1日でした」

「セッション中に小さな問題がひとつありましたが、チームは効果的に原因を特定し、それを処理し、ブレンドンを最短時間でコースに戻すことができました」

 ここまでの6日間、トロロッソと共に働いてきたことを、次のように振り返った。

「テストを6日間終え、悪天候の影響こそ受けたものの、レッドブル・トロロッソ・ホンダのコラボレーションが、ひとつのチームとしてうまく行っていることに満足しています。我々はこの勢いを維持し、残りに2日間にわたってさらに前進することを望んでいます」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 バルセロナF1公式テスト:後半
サブイベント Wednesday
サーキット サーキット・デ・カタルニア
ドライバー ブレンドン ハートレー
チーム トロロッソ
記事タイプ 速報ニュース