ホンダ長谷川”元”F1総責任者、新しいPUの基数制限は「厳しい」

昨年までホンダのF1プロジェクト総責任者を務めていた長谷川祐介は、2018年からPUの年間使用基数がさらに厳しくなることを危惧していた。

 昨年までホンダのF1プロジェクト総責任者を務めていた長谷川祐介は、2018年から年間で使用できるパワーユニットの基数がさらに少なくなることについて”理に適っていない”と語っていた。

 2017年シーズンは、年間で使用できるパワーユニットの各コンポーネントの基数は、それぞれ4基までと規定されていた。しかし、特にルノーとホンダは信頼性の問題に苦しみ、多くのグリッド降格ペナルティを受けることとなった。

 そんな状況にも関わらず、2018年シーズンからはこの使用制限がさらに厳しくなることになっている。ICE(内燃エンジン)、MGU-H(熱エネルギー回生システム)、TC(ターボチャージャー)は3基まで、ES(エナジーストア/バッテリー)、CE(コントロールエレクトロニクス)、MGU-K(運動エネルギー回生システム)はそれぞれ2基まで減らされることになる。

 レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、昨年までのレギュレーションでも苦労していた現状で、使用制限をさらに厳しくするのは「理性的ではない」と語り、使用制限を緩和する必要性があると主張した。

 しかし、これには全てのマニュファクチャラーが賛同しているわけではない。フェラーリ会長のセルジオ・マルキオンネは、先日行われたストラテジー・グループの会合でこのアイデアを一蹴。今や使用基数の制限が緩和される可能性はほぼなくなっている。

 FIAのジャン・トッド会長も、昨年いくつかのチームが多くのグリッド降格ペナルティを受けたことについて満足していないと語りつつも、一度決まったレギュレーションを変更するためには、全チームの同意がなければならないと付け加えた。

 昨年限りでF1プロジェクト総責任者の職から離れたホンダの長谷川も「非常に厳しいもの」と語っていた。

「我々だけのことではありません。ルノーも困難に直面していました。それが妥当なことだとは思いません。技術的な観点からも、それは厳しいものです」

「もしエンジンのパフォーマンスを制限すれば、簡単に達成することができるでしょう。2000rpm回転数を下げれば、もちろん完走することができます。しかし、ポイントを獲ることはできません」

 このレギュレーションがフェラーリやメルセデスを守ることになると考えるかどうかと尋ねられた長谷川は、次のように答えた。

「結果としてはイエスです。我々はそれについて、何度も議論してきました」

「エンジンが3基しか使えないということは、アップグレード版のエンジンを投入するチャンスは2回しかないということを意味しています」

「我々は最初から、良いエンジンを投入しなければなりません。しかしもしそれができなければ、我々には新しいエンジンを投入するチャンスが2回しかないのです」

「とはいえ、コストを削減することは非常に重要です。ですから我々は、コスト削減に関しては支持しています」

 計算上では、今季は1基のエンジンで7レースを走り切らねばならない。そのため各マニュファクチャラーは、パフォーマンスを重視するか、それとも信頼性を確保するか、そのバランスをどう取るかという岐路に直面することになる。

「現時点では、エンジンを7レース走り切れるようにするために、信頼性に集中する必要があります」

 そう長谷川は語った。

「しかし、それと同時にパフォーマンスも改善しなければいけません」

「ベースラインがあるのは良いことです。現在のエンジンがOKであることを確認する必要があります。それができればすぐに、我々は次のステップに進みます」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース