ホンダ、バンドーンのPU交換を決定。8番手から18番グリッドまで後退

シェア
コメント
ホンダ、バンドーンのPU交換を決定。8番手から18番グリッドまで後退
Jonathan Noble
執筆: Jonathan Noble
2017/09/03 9:33

マクラーレンのストフェル・バンドーンは、イタリアGPのレースを8番グリッドから臨む予定だったが、PU交換により後方に沈むことになった。

Fernando Alonso, McLaren and Stoffel Vandoorne, McLaren
Stoffel Vandoorne, McLaren MCL32
Stoffel Vandoorne, McLaren MCL32
Stoffel Vandoorne, McLaren MCL32
Stoffel Vandoorne, McLaren MCL32
Stoffel Vandoorne, McLaren MCL32
Stoffel Vandoorne, McLaren MCL32

 マクラーレン・ホンダのストフェル・バンドーンは、雨のイタリアGP予選でQ3に進出したが、そのQ3ではパワーユニット(PU)の出力にロスがあり、まともなアタックができなかったと訴えていた。

 他車のグリッドペナルティもあり、決勝は8番グリッドから臨む予定だったバンドーンだが、この問題を予選後に調査した結果、パワーの低下がMGU-Kのシャフトに問題が生じたためであることが判明した。

 理論的には、ペナルティを受けずにMGU-Kのシャフトを交換することは可能な状況だったようだが、それをレースのスタートに間に合わせるには時間が足りないと判断され、ホンダはPUの交換を決断したようだ。

 ホンダは、バンドーンのマシンに”スペック3.7”のエンジン(ICE)、MGU-H、MGU-K、ターボチャージャーを導入。これにより、バンドーンは25グリッド降格のペナルティを受ける。

 その結果、バンドーンは18番グリッドから決勝に臨むことになる模様。後ろには、35グリッド降格ペナルティを受けているチームメイトのフェルナンド・アロンソ、予選でクラッシュし、赤旗の原因を作ってしまったハースのロマン・グロージャンのみだ。

 バンドーンは、今週末にPU関連でグリッド降格ペナルティを受ける7人目のドライバーとなった。

【関連ニュース】

次の F1 ニュース
イタリアGP予選:大雨で2時間半の中断。ハミルトン史上最多PP記録

前の記事

イタリアGP予選:大雨で2時間半の中断。ハミルトン史上最多PP記録

次の記事

ペレスもグリッド降格ペナルティ。イタリアGPで9人目

ペレスもグリッド降格ペナルティ。イタリアGPで9人目
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント イタリアGP
ロケーション Autodromo Nazionale Monza
ドライバー ストフェル バンドーン
チーム マクラーレン 発売中
執筆者 Jonathan Noble
記事タイプ 速報ニュース