「お互いをリスペクトしすぎた」マクラーレンとホンダ、関係解消の理由

印象が強い”マクラーレン・ホンダ黄金期”。その結果、「お互いをリスペクトしすぎた」のが関係破棄の最大要因だと、ホンダは語る。

 ホンダが”マクラーレン・ホンダ”として挑む最後の日本GP。その初日終了後、ホンダの山本雅史モータースポーツ部長と長谷川祐介F1プロジェクト総責任者が取材に応じた。

 新生”マクラーレン・ホンダ”は、3年という期間を持って幕を降ろすことになる。この3年について振り返った山本部長は、F1は「非常に難しい」と語った。

「モータースポーツの頂点ということもあり、色々な意味で難しいと思いました。私は昨年からモータースポーツ部に来たので、丸3年やらせていただいたわけではありませんが、そういう難しさを学ばせていただいた月日でした」

「マクラーレンとは今年限りで契約が解消されるとはいえ、フレンドリーにやろうと言ってくれています。来年はトロロッソと組みますが、これまで学んだことを踏まえ、同じ失敗をしないようにして、より強いチームにするために皆さんをサポートしていきたいと思います」

 その”失敗”とは何なのかと尋ねられた山本部長は、「お互いにリスペクトしすぎたこと」と語った。

「私も年齢的に”セナプロ時代”のマクラーレン・ホンダ黄金期を見てきた世代です。なので、その頃の印象が強いと思うんですよ。マクラーレンは名門チームで、ホンダもF1で相応の歴史を持っている。だからマクラーレンとホンダが一緒に、それぞれがしっかり仕事をすれば、すぐにでも良い結果を出すことが出来るというイメージがありました。そのため、良い形で混ざりあえなかったと思っています」

「マクラーレンには、なかなか我々が入り込めない部分がありました。お互いがそれぞれにしっかりやれば、大丈夫だと考えていたところがあります」

 一方の長谷川は、「マクラーレンには感謝してもしきれない」と語る。

「あらゆるエリアでプロフェッショナルとして、個々には素晴らしい仕事をし、何かあった時にはホンダをサポートしてくれた。そういう意味では、彼らの懐の深さとか、ここのエンジニアのレベルの高さには、本当に学ぶべき部分がありました」

「今年は、クルマは徐々に進化していました。そしてモンツァでは良くなりましたね。我々のパワーユニットの信頼性に大きな問題があったので、それがなくなってしっかりと走り始めたのは、夏休み明けくらいです。レースでしっかり走れるようになると、ポテンシャルを発揮できるようになりました」

 長谷川はシーズン中、ドライバーから厳しい言葉を投げかけられたという。

「『お前らの仕事はアマチュアだ』と言われたのは、かなりききましたね。テストでもそうですし、何回も言われましたけど‥…」

 そして来年から、ホンダはトロロッソと組み、新たな一歩を踏み出す。そのトロロッソの印象について山本は、次のように語った。

「トロロッソのファクトリーに行って思ったのは、コンパクトでシンプルで少数精鋭で、ひとりひとりが責任を持ってやっているという印象でした。人数はマクラーレンの1/3くらいでしょうか。そういう意味では、トロロッソくらいの規模の方が、お互いに仕事を進めていくのに丁度いいと思います。我々も大企業意識はなく、会社自体は大きくなりましたが、ひとりひとりが支えていると思っています。そういう意味でも、組むのにはトロロッソは良い規模だと思います」

「とにかくコミュニケーション。時間がある限り、コミュニケーションを取ろうとしています。トロロッソもそう言ってくれています」

 また長谷川も次のように語り、期待感を示した。

「ジェームス・キー(テクニカルディレクター)に言えば、だいたいチーム全体に通じていますからね。そういうところは、来年用のクルマを急いで仕上げなきゃいけない今のような時には、楽ですよね」

 なお来季使うギヤボックスは、トロロッソ製のモノになるという。そしてその製作には、ホンダも関わることになるようだ。

「ギヤボックスが変わっても、我々の方では特に何かが変わるということはありません。基本的には、エンジンとの合わせ面だけですから。くっつけることについてだけなら、心配はしていませんよ」

 そう長谷川は語る。

「ただオシレーション(振動)とかシフトのクオリティとか、そういうメカニカル面での心配はあります。このギヤボックスはトロロッソが造りますが、ホンダとしてももちろん手伝います」

 ギヤボックスについては、山本部長も次のように語った。

「ギヤボックスについては、例えば我々がMotoGPとか他のカテゴリーでやっていることを、トロロッソとなら一緒にやっていけるんじゃないかと思っています。これがマクラーレンだったら、『いや、それはF1ではいらないよ』となるところを、一緒にディスカッションしていけるのではないかと思います」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 第16戦日本GP
サーキット 鈴鹿サーキット
チーム マクラーレン , ホンダ・レーシングF1チーム
記事タイプ 速報ニュース
タグ ホンダ, ホンダf1, 山本雅史, 長谷川祐介