ホンダ「現在のコンセプトで、他と同じ性能を達成できない理由はない」

F1復帰3年目を迎えたホンダ。パフォーマンス面では今も苦しんでいるが、ライバルたちとの差は徐々に詰まってきていると感じている。

 2015年にF1復帰を果たしたホンダは、メルセデスやフェラーリ、そしてルノーの性能に近づくのに苦労し続けてきた。そして今季も、非常に厳しいシーズンインを迎えた。しかしシーズンが進むに連れ、パフォーマンスと信頼性は改善の兆しを見せている。

 その兆候が見え始めたのは、アゼルバイジャンGPのことだった。ホンダはこのレースに改良版のパワーユニットを投入。バクーの市街地コースで、コンマ数秒のラップタイム向上効果があったという。また、ホンダはスパでさらにアップデートを施したパワーユニットを投入。同社のF1プロジェクト総責任者である長谷川祐介は、これによりライバルとの差を縮めることができたと感じている。

「シーズン当初と比較して、我々はパワーユニットのパフォーマンスだけではなく、信頼性も向上させてきました」

 長谷川はそうmotorsport.comに対して語った。

「スパ以降、パフォーマンスのレベルはルノーに非常に近くなったと感じています。ルノーよりも優れていると言うことはできません。しかし重要なのは、信頼性については優れているということです」

 F1復帰後、ライバルのエンジンメーカーとの差が縮まっていると感じているかと尋ねられた長谷川は、次のように語った。

「そう思います。もちろん、十分接近しているわけではありませんが、最初の年や2年目と比べて非常に小さくなっています」

 ホンダは今年、パワーユニットのコンセプトを大きく変更した。そしてこのコンセプトを、来季も継続する予定であり、正常進化でライバルたちと対峙することを目指している。

「現在のコンセプトに、疑いはありません」

 そう長谷川は語った。

「我々はルノーやフェラーリ、そしてメルセデスとよく似たコンセプトを選んでいます」

「現在のコンセプトで、同じレベルのパフォーマンスを達成できない理由はありません」

 日本GPでは、フェルナンド・アロンソのマシンに油圧漏れが発生し、パワーユニット交換を余儀なくされ、35グリッドの降格ペナルティを受けた。これについて長谷川は「恥ずかしいこと」と語った。

 長谷川はこのトラブルについて失望したというが、問題自体は深刻なモノではなかったと言う。

「金曜日に問題が発生しました。しかしそれはICE(内燃エンジン)の根本的な問題ではありませんでした」

 そう長谷川は語った。

「チームは週末を通じて、セッティングに集中することができました。それは、とてもポジティブなことでした」

 ホンダはこの後も開発を継続し、今季中に”スペック4”と呼称される改良版パワーユニットを投入することを目指している。

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム マクラーレン , ルノーF1チーム
記事タイプ 速報ニュース