ホンダ「良いポジションに入ることができるパッケージがあった」

シェア
コメント
ホンダ「良いポジションに入ることができるパッケージがあった」
2017/09/18 6:12

マクラーレン・ホンダはシンガポールGPで力強いパフォーマンスを見せたが、アロンソはリタイア、バンドーンは7位に終わった。

 今年のF1シンガポールGPは、史上初めてウエットレースで行われた。

 マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは、スーパースタートを決めて一気に3番手付近まで浮上するも、接触してコントロールを失ったマックス・フェルスタッペン(レッドブル)とキミ・ライコネン(フェラーリ)に激突され、コース外に弾き出されてしまった。アロンソはコースに復帰したものの、接触の際にマシンの左側面に大ダメージを負っており、レース序盤にリタイアする結果となってしまった。

 一方、チームメイトのストフェル・バンドーンはスタート直後の混乱をくぐり抜け、その後も粘り強く走り続けて7位入賞を果たした。

 ホンダのF1プロジェクト総責任者である長谷川祐介は、今回のレースを次のように振り返っている。

「スタート直前に降り出した激しい雨は、今日のレースを非常に難しいモノにしました」

「フェルナンドは素晴らしいスタートを切りましたが、ターン1で不運な事故に巻き込まれ、最終的にはその被害のために8周でリタイアしました。彼が走り続けていれば、先頭グループでレースをすることができたと思います。チーム全員にとって非常に残念な結果でした」

「ストフェルのペースは非常に力強く、ライバルをオーバーテイクするなど、信じられないほど素晴らしいレースをしました。ここではオーバーテイクはとても難しいのです。最終的に彼は7位でのフィニッシュを果たし、今季最高の結果を残しました。そして、チームにとって貴重なポイントを獲得しました。彼は今日、素晴らしい仕事をしました」

「今日の我々は、アクシデントがなければ、良いポジションで終わることができるパッケージを持っていました。トップ10に1台のマシンを入れることができたのは、チームにとってポジティブな一歩でした」

【関連ニュース】

次の記事
今季初入賞、6位のパーマー「次戦はもっと良くなるはず」

前の記事

今季初入賞、6位のパーマー「次戦はもっと良くなるはず」

次の記事

メルセデス、悲劇のフェラーリに同情「昨年のスペインを思い出した」

メルセデス、悲劇のフェラーリに同情「昨年のスペインを思い出した」
コメントを読み込む
まずは最新ニュースを読む