トロロッソ・ホンダ、2018年シーズンはエクソンモービルと契約か?

トロロッソ・ホンダは2018年シーズンより、エクソンモービルとのパートナーシップ締結を検討しているとみられる。

 トロロッソ・ホンダは2018年シーズンより、エクソンモービルとのパートナーシップ締結を検討しているようだ。

 マクラーレンと組んでF1に復帰したホンダは、初年度と2年目はエッソの燃料とモービル1の潤滑油を使用していた。しかし2017年以降、エッソとモービルは提携先を切り替え、レッドブルと契約を締結。これにより今シーズンからマクラーレン・ホンダは、カストロール/BPと新たな契約を結んでいた。

 一方、トロロッソは今シーズン姉妹チームであるレッドブルと共に、エッソとモービルを使用してきた。

 ホンダが来シーズンよりトロロッソとパワーユニット供給契約を締結すると決定した際、2社がカストロール/BPの燃料及び潤滑油を使用するかどうかは不透明であった。

 しかし2社は、これまでの経験と開発速度から判断し、エクソンモービルとの契約の取り決めを検討しているとみられる。レッドブルは今シーズン、エクソンモービルと契約したことで得られたメリットに満足しているという。

 エクソンモービルは来シーズンに向けて、潤滑油の改善に加えて燃料をアップグレードすることを目標に置いている。

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム トロロッソ
記事タイプ 速報ニュース