ホンダ、2018年仕様PUの”保険”に、現行型をバックアップとして利用へ

ホンダは2018年仕様のPUに問題が生じた場合に備え、今季使用したPUをバックアップとして利用可能な状態にしておくという。

 ホンダは、パワーユニット(PU)のコンセプトを一新して2017年シーズンに臨んだが、オイルシステムやMGU-Hに問題を抱え、思うようにパフォーマンスを発揮することができなかった。

 マクラーレンとの関係を解消し来季からトロロッソとの提携をスタートするホンダは、2018年仕様のコンセプトを変えず進化を目指す。コンセプトを大きく変えないということはつまり、テストで新仕様PUの信頼性に問題が生じた場合、現行のPUを使用できるということだ。

 ホンダのF1プロジェクト総責任者の長谷川祐介氏は、次のようにmotorsport.comに語った。

「それ(同じコンセプトを使用すること)は大きな助けになります」

「私たちには、より多くのパフォーマンスと信頼性が必要です。シーズンのこの段階で、かなり良くなっています」

「来季の仕様が完全に決まっているわけではありませんが、少なくとも私たちには現在のPUを使うという、バックアップのプランがあります。ですから、来年は良いスタートが切れると確信しています」

「昨年、私たちはエンジンのコンセプトを変更しました。私たちにとって、それが必要なアップデートだったことは間違いありません。正しい方向性に向かっていると考えています」

「最大の問題は、冬の(2017年のプレシーズン)テストまでにエンジンを完璧にできなかったことです。私たちが試していたものは素晴らしいものでしたが、テストを完了するのにもっと時間が必要でした」

 長谷川氏は2017年限りでF1を離れるが、彼はホンダが近いコンセプトを使うライバルたちに追いつけると確信しているようだ。

「私たちはライバルたちとほぼ同じコンセプトを選びました。その点からいえば、私たちがライバルに追いつけない理由はありません」

 ホンダは今年から、外部コンサルタントの協力を得て改善を早めることに役立てている。協力しているのがどこなのかは明かされていないが、来年からホンダはそのパートナーシップを拡大する予定だ。

「私たちは外部のパートナーと多くの連携をスタートしましたが、彼らの身元を明かすことはありません」

「これらのコラボレーションは継続します。停止する理由がありません。むしろコラボレーションをさらに強化する必要があります」

「ほとんどの人が、ホンダは自分たち自身で(開発を)やってみるべきだと考えていると思いますが、それは正しくありません。私たちは、外部からのリソースを求めていますし、それを使っています」

「もちろん言語や地理的な問題など、いくつかの制限や障害があるため、それは簡単な仕事ではありません」

「私たちは、ホンダ内部のパフォーマンスを最大化する必要があります。しかし外部のリソースを得るのに異論はありませんし、当然それは増えていきます」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース