ホンダ、F1運営体制を変更。田辺豊治氏がテクニカルディレクターに就任

ホンダはトロロッソとのパートナーシップスタートに向け、F1の運営体制を変更することを発表した。

 ホンダは、F1の運営体制を変更することを発表した。

 これまでは長谷川祐介氏がF1プロジェクト総責任者として率いてきたホンダのF1プロジェクト。しかし、トロロッソとのパートナーシップスタートに向け、2018年1月1日から体制を刷新することになった。

 今後は、ホンダのR&DヨーロッパU.K. にF1テクニカルディレクター職を設け、田辺豊治氏が同職に就任するという。田辺氏はマクラーレン・ホンダ時代にゲルハルト・ベルガーの担当エンジニアを務めたり、B.A.R.ホンダ〜ホンダF1チームでジェンソン・バトン担当のチーフエンジニアを務めるなど、F1経験が豊富な人物。その手腕に注目が集まる。

 今回の体制変更に際し、ホンダの執行役員でありブランド・コミュニケーション本部長である森山克英氏は次のようにコメントしている。

「これまで、F1プロジェクト総責任者が担っていた技術開発とレース現場指揮監督の責任範囲を分離し、開発とレース・テスト現場それぞれが、よりスピーディーに業務を遂行できる体制へと進化させます。開発現場とレース現場が各々の役割をしっかり果たすことで、Toro Rosso Hondaが上位争いをする姿を一日でも早くお見せできるよう挑戦を続けてまいります。引き続き皆さまの応援をよろしくお願いします」

 なおF1プロジェクト総責任者のポジションは廃止され、長谷川氏は2018年の1月1日から本田技術研究所の主席研究員に就任するという。

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース