ホンダPU搭載STR13への影響は!? トロロッソ空力部門トップが離脱

41,290 見る

トロロッソの空力部門のトップを務めていたブレンダン・ギルホームが、チームを離脱したことが分かった。

 トロロッソは、空力部門のトップを務めていたブレンダン・ギルホームが離脱したことにより、開発チームを再編する必要性に迫られている。

 ギルホームはBMWザウバーでの空力部門リーダーや、メルセデスの主任エアロダイナミシストを務めた後、2013年の7月にトロロッソに加入した。その後、ギルホームはテクニカルディレクターのジェームス・キーと近しいポジションで業務をこなし、2018年用マシンSTR13についても、数カ月間にわたって働いてきた。

 しかしギルホームは、急遽トロロッソから離脱。その理由についてはまだ明らかにされておらず、その後任が誰になるのかも決定していない。

 今年はレースエンジニアも変更されることになっている。長年カルロス・サインツJr.のレースエンジニアを務めてきたマルコ・マタッサもフェラーリに移籍し、ヤングドライバー開発プログラムを担当する。

 今季からホンダ製パワーユニットを使うトロロッソ。組織の再編は必要ではあるものの、新シャシーSTR13は火曜日にクラッシュテストをクリアしている。チームのファクトリーでは、この進捗を祝ったようだ。

 
コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム トロロッソ
記事タイプ 速報ニュース