マクラーレン、現行サイズのエンジンカバーのフィン継続使用に反対

マクラーレンは、エンジンカバーについている現行サイズのフィンを来年も使用するという案に反対の姿勢を示した。

 マクラーレンは、エンジンカバーについている現行サイズのフィンを来年も使用するという案に賛成票を投じず、より小さなサイズのフィンを使う案を提唱した。

 今週末開かれているF1ストラテジーグループの会合では、マシンのレギュレーションを変更し、エンジンカバーについている大きなフィンを使用し続けるという案について話し合われた。このフィンは、FIAが望むように、より大きくカーナンバーを見せる役割も果たしてきた。

 しかしすでに2018年のマシンコンセプトに関する作業を開始しているにもかかわらず、マクラーレンはこの案に対し賛成の票を投じなかった。その代わりに彼らは、より小さなフィンを使用したいと考えている。

 案を変更するためには満場一致の賛成が必要であるが、マクラーレンが大きなフィンを使い続ける案に反対したため、この案は会議を通過できないことになる。なお現在は、妥協案となる解決策を見出す動きが進められている。

 この決断により、チームは潜在的な困難に直面することになった。すでに多くのパーツを組み入れる作業を行なっているチームにとっては、大きな影響を与えることになるかもしれない。

 マクラーレンは現行のものよりも小さなフィンを使用する案を推しているが、その理由として、彼らは今のリヤウイングが十分に目を引くものではないと考えていると見られている。

 さらにマクラーレンのレーシングディレクターであるエリック・ブーリエは、チームが小さなフィンを使用する案を出した理由について、こちらの方が彼らの2018年のマシンコンセプトにより適しているのだということを明かした。

「おそらく、我々はエンジンカバーをよりよく機能させる方法を見つけることができた」とブーリエは話した。

「今日のマシンは複雑であり、ザク(ブラウン/マクラーレンCEO)が大きなステッカーを見つけるのも難しい」

「いくつかのチームはマシンのモデルに合うものをトライしているようだ。しかし我々には来年のための決められたレギュレーションがある。だからもし満場一致の意見が得られなければ、レギュレーションを変更する理由はない」

 一方フォースインディアのCOOであるオットマー・サフナウアーは、この段階になって2018年のマシンデザインに関する不確かな状況に直面していることにフラストレーションを感じており、マクラーレンの説明に疑問を抱いている。

「我々はすぐにエンジンカバーを製作しなければならない。ルールを理解するのにも良いものだろう」とサフナウアーは語った。

「我々全員が賛成すると思っていた」

「マクラーレンはもっとリヤウイングを露出したいのだと思う。しかしリヤウイングは露出されない。なぜなら、今や(ドライバーが)とても低い位置に座っているからだ。そういうわけでスポンサーを見ることができない。フィン以上にこれが原因だ」

「特定の角度からだと、フィンがそれを隠してしまう。しかし頭の上からでなければフィンを見ることもできない。とても低い位置に座っているので、リヤウイングも見えない。我々にとって、それ(マクラーレンの案)はスポンサーのための非常に大きなスペースを削除することになる」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース