マクラーレン「これまでの前進がチームの励みに」と来季を楽観視

マクラーレンはこれまでのシャシー改善と来年のPUスイッチを盾に、自分たちに何ができるのかということについて楽観しているという。

 来シーズンからルノー製パワーユニットを使うことになるマクラーレンは、ここ数戦で新しいフロントウイングを投入するなど、チームの前進をさらに推し進めてきた。

 マクラーレンの開発は進んでおり、先週末のメキシコGPではフェルナンド・アロンソが「グリッド上で最高のマシン」だと評価していた。

 マクラーレンのエグゼクティブディレクターを務めるザク・ブラウンは、直近のレースでステップアップを遂げてきたことは大いにチームを励ましており、2018年に成し遂げられることにについてより期待ができるようになっていると話した。

 彼はmotorsport.comに対し、「年間を通してファクトリーで開発を行ってきたほとんど全てのものがマシンと合っており、我々はかなり高いレベルで成功を収めている」と話した。

「時にはファクトリーでは機能するのに、マシンに搭載しても機能しなかったこともあった。しかしシャシーはますます良くなっている」

「我々のGPSを見ても、自分たちがレッドブルに近づいていることを示していた。おそらくいくつかのトラックではもう少し良くなるだろうし、他のサーキットでは悪くなることもある。しかし彼ら(レッドブル)は何度か優勝しているし、我々は(2018年のことに関しては)慎重になる必要はあるが、楽観的でいられる」

「来年の準備については安心していられるし、我々は興奮している」

ルール変更はエアロに影響か

 2018年は大きなレギュレーション変更などはないものの、多少の微調整が加えられる。来年からはハロの搭載や、モンキーシートとTウイングの禁止がレギュレーションに盛り込まれ、エアロデザインに影響を与える可能性がある。

 それゆえマクラーレンのレーシングディレクターであるエリック・ブーリエは、来年チームが上位を争えるかどうかについて、いささか慎重になっている。

「これに関しては自信を持つことができないだろう」とブーリエは話した。

「もしレギュレーションが100%同じなら自信を持てるのだが……」

「しかし言うまでもなく来年はレギュレーションが多少変わる。Tウイングやモンキーシートが撤廃され、マシン後部がスッキリする。それは少し難しくするだろう。それに加えてハロだ。ハロはエアロ面では、明らかに悪影響が出る。だからこの辺りについてはより作業が必要になる」

「私は、チームがこの3年間でやり遂げてきたことを信じている。彼らがそれを続けたり、さらに築き上げていったり、前に追いつけない理由はない」

 最後に、マクラーレンがメルセデスやフェラーリ、レッドブルとの争いに加わることに少なくとも自信を持っているかと尋ねると、ブーリエは、「100%自信がある」と答えた。

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース