マクラーレンがタイヤ空気圧問題に言及

F1は2017年から走行中のタイヤ空気圧のモニタリングを始めるが、マクラーレンの説明によれば、現状ではシステムの限界を感じる。

 最近のレースにおけるいくつかのチームによるタイヤ圧のマネージメントは、ピレリのコントロール域を超えていると言える。現在、ピレリにかわってFIAが走行開始時の最小(低)タイヤ圧のチェック導入を決めたが、いくつかのチームはクルマが走行を始めた後にタイヤ圧を低下させる方法を見つけた疑いが持たれている。

 その方法のひとつは、ホイールを高温に暖めておいて急激に冷やすことで、タイヤ内部の空気の温度を調整し、空気圧まで調整するというものだ。更には、二重部屋構造のリムを持ったホイールを採用し、両方の部屋の隔壁に開けた穴から空気を抜いて圧を下げるという方法も考えられている。

 最低空気圧はタイヤがクルマに装着されたときに計測されるものだから、走行中のタイヤ圧が低くてもそれは違反ではない。しかし、上記のような手法が採られるようになると、チームにとって大きな資金負担が生じる。そうした危機感を取り除くため、マクラーレンは最近FIAに対してホイール等の部品のデザインにまで規則を設けるべきだと進言した。それは十分に考慮するべき課題で、2017年シーズン開始前には変更内容は決まるはずだ。

 二重部屋構造のホイールは、現在はF1技術レギュレーション第12条8項3によって禁止されている。もし、二重構造ホイールを使用しているチームがあるとすれば、明らかにルール違反だ。

 先週の水曜日にチームマネージャー等によってこの問題は話し合われ、その結果、疑惑を排除するためにピレリとFIAは常時タイヤ圧を測定するシステムの採用に合意した。このシステムが効果を上げれば、ピレリはタイヤ装着時の圧だけでなく走行時のタイヤ圧まで規則に盛り込むことが出来ることになる。ピレリはそのシステムの開発を進めようとしていると言われる。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 スペインGP
サーキット サーキット・デ・カタルニア
記事タイプ 速報ニュース