マクラーレンにまたもトラブル……バンドーン早くも2回ストップ

38,478 見る

本日から始まったF1のバルセロナ合同テスト後半。しかしまたもマクラーレンにはトラブルが相次いでいる。

 本日から始まったF1のバルセロナ合同テストの後半。そのセッションがすでに始まっているが、マクラーレンが早々からトラブルに見舞われている。

 この日の走行はストフェル・バンドーンが担当。バンドーンは全チームの先陣を切ってコースインしたが、ピットレーンでストップしたり、さらにはメインストレートでストップしてこの日の赤旗原因第1号となった。

 このトラブルは”パワーがシャットダウンした”ものであり、データを失ったとマクラーレンは公式ツイートで明かしている。

 マクラーレンはテストの前半4日間でもホイールナットやエキゾーストパイプのトラブルに見舞われており、またしても不安の残るテスト初日となってしまった。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 バルセロナF1公式テスト:後半
サブイベント Tuesday
サーキット サーキット・デ・カタルニア
ドライバー ストフェル バンドーン
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース