マクラーレン、さらなるスポンサー獲得に期待「目標は達成しつつある」

マクラーレンのザク・ブラウンは、さらなるスポンサーの獲得に向けて動いており、2018年のスポンサー収入の目標を達成できると考えている。

 マクラーレンは先週、多国籍コンピューター企業のデル・テクノロジーズとの新たな提携を発表した。マクラーレンのエグゼクティブディレクターであるザク・ブラウンは、開幕までにさらなるスポンサー獲得を予想しており、チームの戦闘力アップを証明できれば、それが加速すると考えている。

 motorsport.comがブラウンにスポンサーシップの状況について尋ねると、彼は「商業的には、すべてが本当にうまくいっている」と述べた。

「我々はデルとの提携を発表した。そして今は、さらに3つの発表を準備している。シーズンの開幕までにはそのうちの1つか2つを発表できると思っている。そしてそのあとも、それが続いていく」

「シーズンが始まればその流れは少し減速するが、決して止まることはない。商業的な関心は大いにあり、我々がコースに出た時もそれが役に立つ。なぜなら至極当然のことだが、我々がどんなパフォーマンスを持っているかを知りたがっている人々もいるからだ」

「昨年(コンストラクターズ)チャンピオンシップ9位に沈んだことで、パートナーを見つけることは簡単ではないが、我々がもはや9位のチームではないことを証明できれば、すぐにその問題は解決する」

 ブラウンはマクラーレンに新しいタイトルスポンサーは必要ないと数カ月前から語っている。しかしながら、タイトルスポンサーとは違った形で大口のスポンサーを見つけることは、重要だと考えているようだ。

「タイトルスポンサーは欲しくはない。しかし、その意味を明確にしたいと思う。我々はタイトルレベルのブランディングを行う”プリンシパルパートナー”は欲しいんだ」

「チームのタイトルスポンサーが多くの口出しをしてくるNASCARとF1は違う。メルセデスのことをペトロナス・メルセデスと呼ぶ人はいないだろう。コメンテーターから聞いたこともないし、そうやって書いたこともない」

「だから私は『マクラーレン』という名前を残しておきたいのだ。3年か5年ごとに、ウェスト・マクラーレンやボーダフォン・マクラーレン、そしてマールボロ・マクラーレンになるのではなく、我々はマクラーレンなんだ」

「今シーズン、我々がプリンシパルパートナーを得られるとは思っていないが、いうまでもなくそれが欲しい。我々の事業拡大は、スポンサーを取り戻すことで成り立つのだ」

「我々は今年のスポンサー収入の目標を達成しようとしており、さらに勢いを増していけると思っている」

見た目が一新されたマシン

 マクラーレンは、2018年のマシンをチームにとってより歴史的なパパイヤオレンジ色にすることを含め、マシンの完成に向けて作業を続けている。

 ブラウンは詳細については明かしていないが、マシンの見た目について何か驚くような変化があると述べている。

「我々は引き続き、ファンの声を聞いている」

「我々は印象的なカラーリングを望んでいるんだ。ほとんど完成しているが、少しスポンサー次第のところもある」

「アルファロメオとの提携でどうなるか分からないザウバーを除けば、我々のマシンは昨年参戦していたどのチームと比べても、マシンの見た目は大きく変わっていると思う」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース