マクラーレン、またもトラブル発生でPU交換。リカルドがレコード記録

F1バルセロナ合同テスト2回目、2日目はレッドブルのダニエル・リカルドが、非公式ながらトラックレコードを更新した。

マクラーレン、またもトラブル発生でPU交換。リカルドがレコード記録
The car of Fernando Alonso, McLaren MCL33 is recovered to the pits
Esteban Ocon, Force India VJM11
Fernando Alonso, McLaren MCL33
Daniel Ricciardo, Red Bull Racing RB14
Charles Leclerc, Sauber C37
Sebastian Vettel, Ferrari SF71H
Alfa Romeo Sauber F1 Team mechanic
Lewis Hamilton, Mercedes-AMG F1 W09
Esteban Ocon, Force India VJM11
Lewis Hamilton, Mercedes-AMG F1 W09
Charles Leclerc, Sauber C37
Sebastian Vettel, Ferrari SF71H
Carlos Sainz Jr., Renault Sport F1 Team RS18

 スペインのカタルニア・サーキットで行われている2回目のF1プレシーズン合同テスト、2日目のセッションは、非公式ながらトラックレコードを更新したレッドブルのダニエル・リカルドがトップとなった。

 この日は午後にのみ走行したドライバーを除き、主に午前中にパフォーマンスを重視した走行が行われ、その後各チームは開幕に向けレースシミュレーションを行った。なお、先週の悪天候で失われた走行時間を取り戻すべく、1時間の昼休憩がなくなっている。

 ピレリが今年から導入したハイパーソフトタイヤを試すチームも多く、ルイス・ハミルトンが1分18秒400をマーク。リカルドも2セットのハイパーソフトタイヤを使い、午後1時すぎに1分18秒047を叩き出した。彼が叩き出したタイムは、非公式ながらカタルニア・サーキットのトラックレコードとなっている。

 メルセデスは午後からバルテリ・ボッタスがドライブを引き継ぎ、ハイパーソフトタイヤで1分18秒560を記録し3番手となっている。

 フェラーリはキミ・ライコネンがテストを行う予定だったものの体調が優れず、セバスチャン・ベッテルが午前中から走行。主にロングランを行い、ソフトタイヤで4番手タイム。のちにライコネンも走行に参加し、49周を走り9番手となっている。

 昨日のテスト初日はトラブルであまり走れなかったトロロッソ・ホンダ。この日走行を担当したブレンドン・ハートレーはスピンを喫し、システムトラブルでピットレーン出口で止まってしまうなど順調とはいかなかったものの、118周を完了。ハイパーソフトタイヤで1分19秒823を記録し、トップ3チームの背後、5番手につけている。

 連日トラブルが発生しているマクラーレンは、この日またしても大きなトラブルに見舞われた。セッション開始から2時間は、フェルナンド・アロンソが精力的に周回を重ね47周を走行。ハイパーソフトタイヤで1分19秒856をマークするが、オイル漏れが原因でターン7の近くにあるエスケープゾーンにマシンを止めてしまった。

 結局マクラーレンはパワーユニット交換を強いられ、6時間30分近くガレージに留まることになってしまった。その後、セッション最後の15分間で走行に復帰し、10周走行している。

 ルノーのカルロス・サインツJr.はアロンソのタイムに届かず7番手。それでも88周を走行し、チームメイトのニコ・ヒュルケンベルグと交代。11番手だったヒュルケンベルグはロングランに集中し102周を走行し、ふたり合わせて190周はこの日のチーム別走行距離でトップとなった。

 サインツとヒュルケンベルグの間には、ハースのロマン・グロージャン、ライコネン、ウイリアムズのランス・ストロールが入っている。

 フォースインディアのエステバン・オコンが12番手、ザウバーのシャルル・ルクレールが13番手、ウイリアムズのセルゲイ・シロトキンが14番手でセッションを終えた。ルクレールは160周を走行したが、セッション終了直前にターン12でグラベルに飛び出してしまい、そのまま走行を終えた。

バルセロナ合同テスト2回目:2日目タイム結果

PosDriverTeamTimeGapLaps
1 Ricciardo Red Bull 1m18.047s    165
2 Hamilton Mercedes 1m18.400s +0.353  90
3 Bottas Mercedes 1m18.560s +0.513  85
4 Vettel Ferrari 1m19.541s +1.494  66
5 Hartley Toro Rosso 1m19.823s +1.776  119
6 Alonso McLaren 1m19.856s +1.809  57
7 Sainz Renault 1m20.042s +1.995  88
8 Grosjean Haas 1m20.237s +2.190  78
9 Raikkonen Ferrari 1m20.242s +2.195  49
10 Stroll Williams 1m20.349s +2.302  63
11 Hulkenberg Renault 1m20.758s +2.711  102
12 Ocon Force India 1m20.805s +2.758  130
13 Leclerc Sauber 1m20.919s +2.872  160
14 Sirotkin Williams 1m22.350s +4.303  80
シェア
コメント
ホンダ田辺TD「トロロッソ・ホンダはチームとしてうまく行っている」

前の記事

ホンダ田辺TD「トロロッソ・ホンダはチームとしてうまく行っている」

次の記事

アロンソ、テスト最終日の走行は”必要ない”!? 十分データはあると主張

アロンソ、テスト最終日の走行は”必要ない”!? 十分データはあると主張
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント バルセロナF1公式テスト:後半
ロケーション サーキット・デ・カタルニア
執筆者 Scott Mitchell