マクラーレン、またもトラブル。トロロッソは82周走行、首位ベッテル

51,085 見る

バルセロナ合同テストの2日目が行われ、フェラーリのセバスチャン・ベッテルがトップタイム。マクラーレンには初日に続いてトラブルが発生した。

 テストが行われているバルセロナには寒波が襲来しており、この日は早朝に降った雪の影響で路面はハーフウエット状態。気温は氷点下近くと低く、路面は濡れているということでセッション序盤は大部分のチームがタイムを計測せず、空力測定装置をつけてのデータ取りを中心に行っていた。

 サーキットが忙しくなり始めたのは正午ごろ。ソフトタイヤを履いたメルセデスのバルテリ・ボッタスが最初にラップタイムを刻むと、その後ストフェル・バンドーン(マクラーレン)が今季から新しく追加されたハイパーソフトタイヤを使用し、それを上回った。

 ボッタスは現地時間13時前にタイムを更新し、再びトップに立った。なお、走行時間を確保するため、13時から1時間の昼休憩を取り止め、18時までセッションを連続して行うことがその前に発表された。

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは15時30分頃に、クールダウンラップを挟みながら3度のアタックを敢行。最初のアタックで今回のテストで初めて1分19秒台に突入すると、次のアタックで1分19秒673をマークした。ボッタスはミディアムタイヤに変更しアタック、ベッテルから0.303秒遅れの2番手とした。

 ハイパーソフトタイヤで記録したタイムで3番手につけたバンドーンだったが、ザウバーのシャルル・ルクレールのスピンによる赤旗掲示の際、ピットに戻ったタイミングでトラブルが発覚。この日はこれで走行終了となってしまう。

 チームはエキゾーストパイプを止めているクリップの破損が原因だと発表しているが、調査を行っている模様。彼らはテスト初日もホイールナットのトラブルで走行時間を失っている。

 レッドブルのマックス・フェルスタッペンは軽い燃料漏れがあり出遅れたが、比較的忙しい午後を過ごし、67周を走行して4番手となった。

 トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは82周を走破し6番手。テスト初日と合わせ、順調に走行距離を伸ばしている。

 ウイリアムズでは、セルゲイ・シロトキンからステアリングを引き継いだロバート・クビサが午後のドライブを担当。彼はレギュラーのシロトキンのベストタイムを0.327秒上回り、7番手となっている。

 セッション終盤は再び天候が悪化。サーキットの一部エリアでは降雪が報告され、チームは走行を切り上げるか、ウエットやインターミディエイトタイヤを使用したショートランに切り替えて最後の1時間を過ごした。

バルセロナ合同テスト2日目:タイム結果

 DriverTeamTtimeGapLaps
1.  Sebastian Vettel Ferrari 1:19.673   98
2.  Valtteri Bottas Mercedes 1:19.976 +0.303 94
3.  Stoffel Vandoorne McLaren  1:20.325 +0.652 37
4.  Max Verstappen Red Bull 1:20.326 +0.653 67
5.  Carlos Sainz Renault 1:21.212 +1.539 65
6.  Pierre Gasly Toro Rosso 1:21.318 +1.645 82
7.  Robert Kubica Williams 1:21.495 +1.822 48
8.  Sergey Sirotkin Williams 1:21.822 +2.149 52
9.  Esteban Ocon Force India 1:21.841 +2.168 79
10.  Charles Leclerc Sauber 1:22.721 +3.048 81
11.  Kevin Magnussen Haas 1:22.727 +3.054 36
コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 バルセロナF1公式テスト:前半
サーキット サーキット・デ・カタルニア
記事タイプ テストレポート