マクラーレン、エアロのアップデートを投入「期待通り」とブーリエ

マクラーレンのエリック・ブーリエはマレーシアGPに向けて新しく投入したエアロパッケージは、期待通りの働きをしていると語る。

 今季苦戦を強いられてきたマクラーレンは、シーズンを通してシャシーの改良を継続してきた。マクラーレンのレーシングディレクターであるエリック・ブーリエはマレーシアGPで投入したエアロが期待通りに機能していることを明らかにした。

「主に改良したのはバージボード付近のエアロだ。新しいパーツや重要なパーツが期待通りのパフォーマンスを発揮するのを見るのは喜ばしいことだ」

 金曜日のマレーシアGPで行われたフリー走行2回目でマクラーレンのフェルナンド・アロンソは5番手タイムを記録。アロンソのペースは驚くべきものだったかとブーリエに訊くと彼は次のように語った。

「驚くべきものだ。期待を上回る結果となった」

「金曜日のマレーシアの朝に雨が降ったため他のドライバーは行なっていないと思われるが、我々は新しいパッケージを投入したためパフォーマンス・ランを行なった」

「いつも通りの練習だ。我々はプラクティスセッションで1位になることを目標にしているのではない。自分たちの仕事をこなし、そして自分たちのマシンを評価するためにやっているのだ」

 新しいエアロのアップデートは今回アロンソだけにもたらされたものである。その僚友のストフェル・バンドーンには、来週行われる日本GPで投入される予定だ。

「アップデートのためには相当な量のパーツを持ち込まなければならなかった」とブーリエ。

「それにすべてのレースでスペアを用意しておく必要がある。特に縁石を乗り越える時には、バージボードが”危険”に晒されることになる」

「今回我々は(アロンソのために)十分なスペアを持ち込んだ。そして鈴鹿でストフェルのマシンをアップデートする予定だ」

 アロンソは金曜日のマレーシアで"ポジティブ"な日だと語ったが、アップデートが成功したかどうかを判断するのにはまだ早いと考えている。

「最初のセッションではマシンがうまく機能するかどうかをテストした。あまり濡れていない時にコースに出て、僕たちは3番手になった。それは素晴らしいことだと思う」

「2回目のセッションでは、ドライコンディションでもマシンのハンドリングはとても良かった。そして土曜日のために大きな変更を加える必要はないと結論づけた。それはポジティブなことだ。僕たちに何ができるかみてみないとね」

「予選Q3に進出するのはいつも通り簡単ではないだろう。でもそこに行けるように挑戦するし、何が起きるのかみてみようと思う。今回僕は全てのスティントで別のパターンを試してみたから、この後(アップデートした箇所について)分析しなければならない。1回目の走行、2回目の走行、3回目の走行と、どんどん良くなっていったんだ」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 マレーシアGP
サーキット セパン・インターナショナル・サーキット
ドライバー フェルナンド アロンソ
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース