F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
3 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
17 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
23 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
37 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
51 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
58 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
72 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
79 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
93 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
107 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
135 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
142 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
149 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
163 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
170 days
07 10月
次のセッションまで……
177 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
191 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
198 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
206 days
03 12月
次のセッションまで……
234 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
243 days

マクラーレン「テスト中に起きた問題の対策はできている」

マクラーレンは公式テストで起きた信頼性の問題の解決に取り組んでおり、開幕戦に向けて一歩前進することができていると語った。

マクラーレン「テスト中に起きた問題の対策はできている」
Fernando Alonso, McLaren MCL33
Fernando Alonso, McLaren MCL33
Fernando Alonso, McLaren MCL33 stops on the side of the track
McLaren MCL33 of Fernando Alonso
Fernando Alonso, McLaren MCL33
Fernando Alonso, McLaren MCL33

 マクラーレンはバルセロナ公式テストで起きた信頼性の問題への対策は完了しており、開幕戦に向けて一歩前進することができていると確信している。

 マクラーレンは8日間に渡って開催されたバルセロナ公式テストでホイールナットの故障やバッテリーの問題の他、エキゾーストのクリップが壊れたり、冷却が不完全でボディワークに焼け跡がつくなど多くのトラブルに見舞われたことで、幾度となく走行を中止しなくてはならなかった。

 しかし2018年開幕戦オーストラリアGPに先立ち、マクラーレンのレーシングディレクターであるエリック・ブーリエは、テスト中に発生した問題はチームを理解する上で役に立ったと語った。

「冬のテストでは期待していた信頼性を発揮することができなかったが、全ての問題は起こった直後からファクトリー内で解決に当たった」

「開幕戦から新しいパッケージが持つ最大限のペースを発揮するために、ファクトリーで多くの作業が行われている」

 マクラーレンのフェルナンド・アロンソは、まだ完全なペースが発揮されていないため、ルノーのパワーユニットが搭載されたMCL33に多くの期待を寄せている。

「まだ多くの作業が必要ながらも、僕たちのマシンは冬のテストで多くの可能性を示してきた。僕たちはパッケージについてや、今年のマシンの新しい要素がどのように機能するのかなど、すでに多くのことを学ぶことができている」

「オーストラリアは"初めての本物のテスト"だ。全力を出すために懸命に働く必要がある」

「開幕戦でどのチームがどのようにパフォーマンスを発揮できるのかを予測することは誰にもできないだろう。それはすべて楽しみに繋がると思う」

「メルボルンは素晴らしいコースだ。長い冬の後、僕たちが何をすることができるのかを見ることはとても楽しみだ」

 またブーリエは中団チームの戦いが非常に接戦になると考えているため、現時点でマクラーレンがどこに位置しているのかを正確に判断するのは困難であると語った。

「少なくとも我々は一夜で奇跡が起きるとは信じてはいない。しかし今週末は全力を尽くすつもりだ」

シェア
コメント
開幕直前の来日で見えた、ホンダとトロロッソの対等で真摯な関係

前の記事

開幕直前の来日で見えた、ホンダとトロロッソの対等で真摯な関係

次の記事

ヘルメットを”隠す”ハロ。ドライバー識別への対策が急務!?

ヘルメットを”隠す”ハロ。ドライバー識別への対策が急務!?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム マクラーレン
執筆者 Jonathan Noble