マクラーレン、テスト2日目もトラブル発生。エンジン交換を実施

連日トラブルが続くマクラーレン。アロンソが担当するテスト2日目もトラブルに見舞われ、エンジン交換を実施することになった。

マクラーレン、テスト2日目もトラブル発生。エンジン交換を実施

 F1バルセロナ合同テスト後半2日目、マクラーレンはまたもトラブルに見舞われている。

 マクラーレンはこの日、フェルナンド・アロンソが走行を担当。しかし、47周を走ったところでマシンにトラブルが発生し、エスケープロードにマシンを止めた。前日に続いてのトラブルである。

 アロンソのトラブル原因はオイル漏れとチームは認めている。この影響でチームはエンジン交換を決断。すでに作業に入っているという。

 なお、トロロッソ・ホンダの2日目はブレンドン・ハートレーがドライブを担当。ハートレーはスピンを喫して赤旗の原因となったが、自力でコースに復帰することができている。

シェア
コメント
F1、SC出動後のリスタート”新手順”を確認。一方でタイヤ作動に懸念も

前の記事

F1、SC出動後のリスタート”新手順”を確認。一方でタイヤ作動に懸念も

次の記事

ホンダ田辺TD「トロロッソ・ホンダはチームとしてうまく行っている」

ホンダ田辺TD「トロロッソ・ホンダはチームとしてうまく行っている」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント バルセロナF1公式テスト:後半
サブイベント Wednesday
ロケーション サーキット・デ・カタルニア
ドライバー フェルナンド アロンソ
チーム マクラーレン