F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
3 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
17 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
23 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
37 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
51 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
58 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
72 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
79 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
93 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
107 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
135 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
142 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
149 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
163 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
170 days
07 10月
次のセッションまで……
177 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
191 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
198 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
206 days
03 12月
次のセッションまで……
234 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
243 days

マクラーレン、ペトロブラス社とのパートナーシップ締結を発表

マクラーレンはブラジルの石油会社であるペトロブラス社と技術的パートナーシップを締結したことを発表した。

マクラーレン、ペトロブラス社とのパートナーシップ締結を発表

 マクラーレンはブラジルの石油会社であるペトロブラス社と技術的パートナーシップを締結したことを発表した。

 マクラーレンは昨年、BP/カストロールと新たな契約を締結した。しかし、2018年よりホンダからルノーエンジンに切り替えることがきっかけとなり、マクラーレンは新たな燃料供給会社を探し始めた。

 一方のペトロブラス社は2016年末までウイリアムズのサプライヤーだった。彼らはウイリアムズ以外のF1チームとの提携を望んでいたため、マクラーレンとの契約は合理的な選択であったと言える。

 この取引の詳細は今後明らかにされる予定だが、まずマクラーレンはペトロブラス社との契約締結発表を公式SNSで行なった。

 マクラーレンは2019年よりペトロブラス社の燃料を投入する予定であるため、2018年末までBP/カストロールの燃料を引き続き使用することになる。

 

 さらにペトロブラスとの提携により、マクラーレンは更なる資金援助を獲得している。同チームのエグゼクティブ・ディレクターであるザク・ブラウンは、タイトルスポンサーがつかなかったとしても、ペトロブラスからの支援が2018年のスポンサー収入の目標金額を達成する手助けになったと最近明らかにした。

「今シーズンは主要な我々のパートナーが本格的にF1に参入するわけではないだろう。我々が望むのはひとつ。3~4年間にわたってパートナーシップを拡大していきたい」

「今年のスポンサー収入の目標はすでに達成している。我々は再び勢いをつけることができると思う」

シェア
コメント
ルノー、トップチーム返り咲きへの第一歩。新車『R.S.18』を発表

前の記事

ルノー、トップチーム返り咲きへの第一歩。新車『R.S.18』を発表

次の記事

レッドブル、撮影日に新車をクラッシュも「来週のテストに支障はない」

レッドブル、撮影日に新車をクラッシュも「来週のテストに支障はない」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム ザウバー
執筆者 Jonathan Noble