マクラーレン、シャシーに妥協なくルノー製パワーユニット搭載に成功!?

マクラーレンは、マクラーレンが2018年シャシーの設計を妥協することなく、ルノーPUを搭載できたと自信を持っているようだ。

 マクラーレンのテクニカル・ディレクターを務めるティム・ゴスは、チームが2018年シャシーの設計を妥協することなく、ホンダ製パワーユニット(PU)からルノー製へと載せ替える際に生じたパッケージングの問題を解決できたと自信を持っているようだ。

 ホンダがF1に復帰してからの3年間、厳しい戦いを強いられてきたマクラーレン。両者は2017年限りで提携を終了し、マクラーレンは2018年からルノーとカスタマー契約を結んだ。

 マクラーレンはルノー製PUに大きな期待を寄せているが、ゴスはルノーとホンダはターボやERS(エネルギー回生システム)のパッケージングが異なるため、マシン後部をかなり修正しなければならなかったと明かした。

「ルノーPUの構造は(ホンダとは)大きく異なっている」と、ゴスはmotorsport.comに語った。

「現在、パワーユニットの構造は基本的に2つに分かれている。メルセデス/ホンダのアプローチと、フェラーリ/ルノーのアプローチだ。ターボチャージャーの位置に違いが生まれる」

「メルセデス/ホンダのアプローチでは、コンプレッサーがエンジンの前部に来るが、タービンはエンジン後部にあり、MGU-HはエンジンのVバンク内部にある」

「フェラーリ/ルノーのアプローチでは、コンプレッサーがエンジン後部にあり、その後ろにMGU-H、タービンと続く」

「そういった違いによって、シャシーやギヤボックスには違ったアプローチが必要になる。そして、我々はそのどちらもを経験したことがあり、良いところと悪いところがそれぞれあることもわかっている」

「ルノーのアプローチについては好きなところもあるし、少し不満なところもあるが、最終的にエンジンのスイッチを決めたタイミングは幸運だった。あれ以上遅かったら間に合わなかった」

 ゴスは、ルノーPU搭載に対処するため燃料タンクやギヤボックス、リアサスペンションなど、マシンのいくつかのエリアに影響があったと説明した。

「我々はルノーPUを搭載するために、シャシーや冷却システム、ギヤボックスを再構成する必要だあった」

「しかし我々はそれにじっくりと取り組み、シャシーに大きな妥協をすることなくそれに対処することができた。極めて大きな変更だった」

「ルノーのエンジンはこれまでより前方に配置されている。ホンダを使用していた時はエアインテークがエンジンの前部に降りてくる必要があった。それが燃料タンクに影響し、結果としてシャシーが長くなっていた」

「一方でエンジン後部にはターボチャージャーがないので、サスペンションに関する作業は簡単だった」

「ルノーに切り替えたことで、エンジン前部がかなりシンプルになり、結果として燃料タンクの容量を相当取り戻すことができた。エンジンを前方に配置することができ、エギゾーストと距離を離すことができたため、空気力学的なメリットもある」

「しかし、ベルハウジングの位置にターボチャージャーがあるため、リヤサスペンションの内部構造を再設計し、ギヤボックスを長くすることで対応した」

「我々は素晴らしい仕事をした。本当に厳しかった。問題を解決するためには2週間ほど、徹底的に努力しなければならなかったが、何をする必要があるかはほとんど分かっていた」

パフォーマンス改善のチャンス

 マクラーレンは昨年、自分たちはグリッド上で最高クラスのシャシーを持っていると主張していたが、メルセデスやフェラーリ、レッドブルとは違うPUを使用していたため、正確にそれを判断するのは困難だった。

 チームは2018年に向けて改めてそれを証明するつもりでいるが、ゴスは全チームがデザインを見直し、大きく飛躍してくる可能性があることを十分に認識している。

「言うまでもないことだが、シーズンの始めにマシンの構造を選択してしまえば、シーズン中に変更できない部分が生じる」

「だから、マシンを再設計するときはその変更を行うチャンスだ。私は、他のマシンもそういう変更を行うことができると思っている」

「(今の)マシンはまだ比較的未成熟だから、昨シーズンよりも大きく改善されることだろう」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース