マクラーレン、来季マシンの色は”パパイヤ・オレンジ”? ファンの声多数

シェア
コメント
マクラーレン、来季マシンの色は”パパイヤ・オレンジ”? ファンの声多数
Jonathan Noble
執筆: Jonathan Noble
2017/10/22 0:16

マクラーレンは、来年のマシンカラーを”パパイヤ・オレンジ”にすることを検討しているという。

 マクラーレンは、2018年のマシンカラーを”パパイヤ・オレンジ”に変更することを検討しているという。

 マクラーレンは今年からマシンカラーを変更し、明るいオレンジ色の配色を採用している。しかしファンからは、フェルナンド・アロンソが今年のインディ500で乗っていたマシンの”パパイヤ・オレンジ”カラーを望む声が上がっていた。

 マシンカラーに関する最終的な決断は、今後数週間のうちに行われるスポンサーとの話し合い次第ではあるが、エグゼクティブディレクターのザク・ブラウンは、”パパイヤ”に変更することは可能だと話した。

「我々はマシンデザインを考え始めている」

「ファンが我々に対しパパイヤ・オレンジを望んでいることももちろんわかっている。インディ500を終えた後、”F1マシンもあのカラーにしてほしい”という大変な数の要望を受けた」

「いくつかのスポンサーの決定を待っている。それによってマシンカラーが決まる可能性もある。私はこれを除外するつもりはない」

 またブラウンは、来年のマシンに占めるオレンジ色の範囲はどんなスポンサーが現れるかによると話したが、フォースインディアのように完全にイメージが変わることはなさそうだという。ちなみにフォースインディアは、水処理技術の専門企業であるBWTとスポンサー契約を交わしたため、今年マシンカラーが一新されてピンク色になった。

「我々はあらゆる種類のデザインを進めている。しかし、我々がスポンサー活動の際に関してどこへ行くのかということを考える必要がある。そのことがこの件に影響することもあるだろう」

「ぜひとも、いくらかオレンジ色の範囲をキープしたい。これは我々のアイデンティティの一部であると考えている。しかし商業的なものでもある。ピンクは少し極端かもしれないが」

タイトルスポンサー獲得の可能性はなし?

 ブラウンは、マクラーレンが2018年に新しいスポンサー獲得できると楽観的な態度だが、近い将来タイトルスポンサーが現れるかどうかについては疑いを持っている。

 彼は、「マシンの上には、パートナーのためのスペースはたくさんある」と述べた。

「我々の活動を大いに奨励しているし、来年はいくつかの新しいパートナーが現れると予想している」

 タイトルスポンサーの可能性について尋ねると、彼は以下のように話した。

「チームの商業化というものがどのように失敗に終わってきたか、というのを私は見てきた。ロン(デニス)がタイトルスポンサーは二度と現れないと言及していたせいではないが、タイトルスポンサーを獲得するとは考えていない」

「チームのタイトルはマクラーレンだ。タイトルスポンサーの名前を引用するNASCARとは違って、そういうことはF1では起こらない。他のシリーズのように、タイトルスポンサーを持つことが利益をもたらすことはないと考えている」

「いくつかの主要なパートナーを持つことを計画している。来年にはそれができるはずだと思う」

 最後にマシンカラーの配色の決断の期間について質問すると、ブラウンはこう答えた。

「現在進行中だが、12月1日までに決断を下す必要がある。なぜならチームには歯車というものがあるからだ。来年はガレージで新しい外観のマシンを見ることになるだろう」

【関連ニュース】

次の F1 ニュース
F1アメリカGP予選速報:ハミルトン驚速ラップでPP。ベッテル肉薄

前の記事

F1アメリカGP予選速報:ハミルトン驚速ラップでPP。ベッテル肉薄

次の記事

レッドブル、フェルスタッペンとの早期契約は「気を紛らわせないため」

レッドブル、フェルスタッペンとの早期契約は「気を紛らわせないため」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Jonathan Noble
記事タイプ 速報ニュース