マクラーレン、開幕戦限定で英国アパレルブランドのロゴをハロに掲載

マクラーレンは、開幕戦オーストラリアGP限定で、英国アパレルブランド『Gandys』ロゴをハロに掲載する。

 マクラーレンは、『Gandys』というイギリスのアパレルブランドと新たにパートナーシップ契約を締結したことを発表した。Gandysは、2004年のスマトラ沖地震による津波によって両親を亡くしたロブ・フォーカンとポール・フォーカン兄弟によって立ち上げられたブランドだ。

 さらに彼らは、2018シーズン開幕戦となるオーストラリアGP限定で、Gandysのロゴをハロに掲載するという。

 Gandysが成功を収めたことにより、フォーカン兄弟はスリランカで『Orphans For Orphans』という慈善事業財団を始めた。スリランカは彼らの両親が亡くなった場所でもあり、Gandysとこの財団は同国での活動を続けている。

 今回の契約により、来週末に迫った開幕戦オーストラリアGPでは、マクラーレンのマシンに装着されるハロにGandysのロゴが描かれる。

 これに伴い、今シーズンより導入される頭部保護デバイス『ハロ』と、ビーチサンダルの鼻緒の形状がよく似ていることもあって、Gandysは特別なマクラーレン風のビーチサンダルを製造する。”ハロエディション”と呼ばれるこのビーチサンダルの販売利益は、全て『Orphans For Orphans』に寄付されるという。

 マクラーレンのチーフマーケティングオフィサーを務めるジョン・アラートは、「ブランディングにおいて、Gandysのロゴを掲載する場所は適切な位置ではないが、Gandysの慈善活動への献身を強調するには良い機会だ」と述べた。

「限定バージョンの製品を作るというGandysとのコラボレーションは、我々にとっても意味のある一歩だ」

「利益の100%を『Orphans For Orphans』に寄付することによって、マクラーレンは(Gandysの)非常に価値のある素晴らしい目標を支援することが可能だ」

 Gandys創設者のひとりであるロブ・フォーカンは、ハロを利用するというアイデアはマクラーレンの提案であったと語った。

「ハロにGandysのロゴを掲載することにより、『Orphans For Orphans』の戦略の裏側にあるメッセージ、つまり”有事の際に、子どもを保護して希望を与える”ということを強調させることができるのです」

「ドライバーの安全性のためにも正しい方向へ向かうステップであり、またGandysにとっても素晴らしい一歩です」

「我々がGandysを始めた時は、わずかな子どもたちを助けるために小さなスケールで仕事を始めました。今では世界中の弱い立場の子どもたちを支援しています」

「たったひとりの命を救うことができれば、それはより大きな影響を与えるということを我々は知っています。それゆえ我々は、F1においてハロが同様の影響を与えることを願っています」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース