マクラーレン「2018年もタイトルスポンサーをつけるつもりはない」

マクラーレンF1の代表は、2018年もタイトルスポンサーシップを締結するつもりはないと語った。

 マクラーレンF1のエクゼクティブ・ディレクターであるザク・ブラウンは、2018年に向けてチームは新しいスポンサーから多くの関心が寄せられているが、タイトルスポンサーシップを結ぶつもりはないと語った。

 かつて、マクラーレンの元チーム代表であるロン・デニスは、F1でタイトルスポンサーを作る時代は終わったと示唆していた。ブラウンもその意見に同意している。

「私はタイトルスポンサーを作るつもりはない。今後我々が持つのはパートナーだけだ」

「F1を見ていると、チームタイトルがスポンサー名になろうとも誰もそうは呼んでいない。だから私は多くの価値がそこにあるとは思っていない。我々はマクラーレンであり、決して"なんとかマクラーレン"ではないのだ」

「大きなブランド力があるが、我々はタイトルを売りたくはない。マクラーレンというチーム名を残したいのだ」

「NASCARでは、ドライバーは決まってクルマから出て『本日はシャンドン・フォードに感謝したいと思う』と言わなければならない。そういったことはF1では起こらないのだから、私は自分たちのブランドを守りたい」

 ブラウンはマクラーレンへの関心の高まりについて、F1全体の変化とパワーユニット供給先がホンダからルノーへ変更したことが要因としてあげられると語った。

「すでにスポンサーとは契約を交わしたが、発表をいつするのかはわからない。それにまだスポンサー募集を締め切った訳ではない。どんなスポンサーも我々は歓迎したい」

「これまで興奮させられるようなことがたくさんあった。F1には影響力がある。テレビの視聴率が上がっているし観戦者数も増えている。新しいオーナーの戦略的なビジョンの賜物だ。だから今のF1には勢いがある」

「そしてマクラーレンにも勢いがある。我々はフェルナンド(アロンソ)やストフェル(バンドーン)、さらにランド(ノリス)を獲得した。さらに我々は新しいエンジンパートナーを迎える。今は逆風というよりも、追い風が吹いていると考えている」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース