マクラーレン、2021年以降のF1エンジン自社開発の可能性を示唆

2021年からの新レギュレーションによりコストが劇的に下がるなら、マクラーレンは自社でF1エンジンを開発することも検討すると語る。

 マクラーレンは、2015年から続いてきたホンダとのパートナーシップを今年で打ち切り、来季からはルノー製パワーユニット(PU)を使用することを望んでいると言われている。しかし長期的に見れば、それ以外の可能性もあるという。

 マクラーレンのエクザクティブディレクターであるザク・ブラウンは、現行の規則が終了した後、2021年からはエンジンにまつわる環境が劇的に変化する可能性があり、その際には自社でF1エンジンを開発することも検討すると語る。

「2021年からの新しいエンジンルールがどうなるのかということに、非常に興味を持っている。そして、我々独自にエンジンを作ることも検討している。また新規に参入してくるサプライヤーがあるのかということも注目している」

 そうブラウンは語った。

「だから今は、今後3年間に焦点を当てなければならない」

「2021年から、F1における環境は、非常にポジティブな方法で変わっていくだろう。もちろん、予算上限、収入の再配分、そして新しいエンジンのルールが含まれている。多くのことが変わるので、2021年のことについて決断を下すのは少し難しい」

「自社のエンジンを走らせたことは、これまでない。そのためには準備期間と資本が必要だ」

「しかし、それをやろうと考えている。あとは新しいプラットフォーム、ルールの内容、そしてコストがどうなるかということを理解するだけだ」

「我々は確かに、エンジンの開発に数億ドルもかけられるような立場にはない。だからそのためには、エンジンのフォーマットが変更され、我々にとっても経済的に実現可能なモノにならなければならない」

 とはいえブラウンは、F1で最善の方法は、競争力があるエンジンを供給する、独立系サプライヤーの引き入れることだと考えている。

「数を揃えるだけではなく、独立系サプライヤーの、競争力のあるエンジンがあればいいと思う」

「メーカーは素晴らしい。それは否定しない。でも過去にもあったように、チームが選びさえすれば使うことができる独立系のエンジンがあった方が、このスポーツにとっては健全だろう。しかも、それが競争力のあるエンジンであればね」

「コスワースがF1に参戦していた最終盤、彼らには競争力がなかった。レースで勝つ事が出来るモノでなければ、独立系のエンジンがあるだけでは何も機能しない」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース