マクラーレン、CNBCとの複数年契約を発表「F1の価値も高める」

マクラーレンは、アメリカのニュース専門放送局CNBCと複数年のパートナーシップ契約締結を発表。「F1の価値を高めることにも繋がる」と語った。

 マクラーレンは、アメリカのニュース専門放送局「CNBC」との複数年にわたるパートナーシップを締結したことを発表した。

 CNBCはアメリカを中心に活動するニュース専門の放送局で、かつてはザウバーにもスポンサードを行っていた。

 マクラーレン曰く、CNBCとのパートナーシップを結ぶことにより、同社が持つネットワークの強みを活かし、ビジネスリーダーや投資家といった視聴者と繋がることを目指しているという。

「CNBCは、世界規模でこの業界をリードするブランドであり、マクラーレンにとって最適なパートナーである」

 マクラーレンのエクゼクティブ・ディレクターであるザク・ブラウンはそうコメントを発表している。

「このパートナーシップにより、世界中のビジネスターゲットとなるユーザーにアプローチするための、我々の力を大きく向上させることになるだろう。そして両者に、高い基準で情報をシェアする特性と価値をもたらすだろう」

「F1は様々なレベルで、革新的な変化を遂げているスポーツである。そして今回の話は、マクラーレンとCNBCの評価を引き上げるだけでなく、F1というスポーツの価値も高めることだろう」

 CNBCインターナショナルの社長兼マネージングディレクターであるKCサリバンは、次のように語った。

「最先端の革新技術についての話をお伝えするために、CNBCはスポーツに対する共通の情熱を持つ、マクラーレンと共に仕事ができることを楽しみにしている」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー フェルナンド アロンソ , ストフェル バンドーン
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース