F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
3 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
17 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
23 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
37 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
51 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
58 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
72 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
79 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
93 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
107 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
135 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
142 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
149 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
163 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
170 days
07 10月
次のセッションまで……
177 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
191 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
198 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
206 days
03 12月
次のセッションまで……
234 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
243 days

マクラーレンCEO、”フェラーリやメルセデスに従わない”新ルールを望む

マクラーレンCEOは、新レギュレーション制定の際にメルセデスやフェラーリの姿勢に屈してはならないと考えている。

マクラーレンCEO、”フェラーリやメルセデスに従わない”新ルールを望む

 マクラーレンCEOのザク・ブラウンは、2021年以降のレギュレーション制定に関して、リバティ・メディアはフェラーリやメルセデスに”服従”してはならないと語った。

 2021年以降のレギュレーションの骨組みを作る議論を前に、ブラウンはこの話し合いが”大荒れ”になるだろうと考えているが、リバティに対してはきちんと取り決めを整えるよう努力を重ねてほしいと望んでいる。

 またフェラーリはレギュレーションの内容に満足できなければF1から撤退するという姿勢を見せているが、これについてもブラウンは、リバティがF1で最も影響力を持つチームのひとつであるフェラーリだけに譲歩するというのは間違いだと考えている。

 木曜日、ウォーキングにあるマクラーレンのファクトリーでメディアと昼食を共にしたブラウンは、「リバティは、F1やファンにとって何が最善なのかということを重視する必要がある」と話した。

「もしあるチームやマニュファクチャラーが新しいレギュレーションを支持しないにもかかわらず、それが採用された場合は、彼らはリバティが全チーム、全マニュファクチャラーを満足させるつもりはないということを認識する必要がある」

「F1にとって何がベストなのかということを重視しなければならない。ひとつかふたつのチームしかいないチャンピオンシップよりも、あるチームがいなくなったとしても彼らに代わるチームがいて、10チームが参戦するチャンピオンシップの方が良い」

 フェラーリとメルセデスの両チームがF1から撤退する危険はあるのかとmotorsport.comが尋ねると、ブラウンはこう語った。

「そういうことは起こりそうにない。だがあらゆることが起こる可能性はある。したがって、我々はF1に関心を持つ人々が参戦できるようなレギュレーションを制定する必要がある」

「彼ら(メルセデスとフェラーリ)がF1を去るという予想外で、願わくば起こってほしくない状況になった場合、F1はそういう方向に進まなければならない」

「フェラーリは他に例のないケースだが、それは彼らがフェラーリだからである。しかし我々F1はBMWやトヨタを失ったことがあり、それ以前にはホンダを失った経験もある。マニュファクチャラーがF1に参戦したり、撤退していったのを見てきている」

「F1にとって何が最善なのか、そして今やマニュファクチャラーにとっては何が最善なのかを考えて、我々はレギュレーションを作らなければならない」

レギュレーション交渉は難航か

 2021年以降のレギュレーションには150万ドル(約1億6350万円)のコストキャップが含まれる可能性があるが、このレギュレーションは簡単に通るものではないとブラウンは確信している。それゆえ彼は、F1が”ダメージを負うこと”を避けるためにも、今年の半ばまでには問題が解決されることを期待している。

「FIAとリバティは速やかに動かなければならないし、我々もできるだけ短い交渉期間を設けることはできる。というのも、彼らは様々なことを抱えているのだ」とブラウンは話した。

「交渉が長引けば長引くほど、ますます混乱することになる」

「また2021年に向けて万全の準備を行うにあたって、もし新しいエンジンマニュファクチャラーや新しいチームがF1に参戦するつもりでいるのなら、それ(F1参戦)には数年かかるだろうということもわかっている。時間は押し迫っているのだ」

「2021年のことに関してどういうところに落ち着くのか、今シーズンの半ばまでには、是非とも見てみたい。それ以上後で何かを始めるというのなら、それは技術的にも挑戦的な状況になる」

メルセデスの支配

 2021年のレギュレーション変更は、F1にとって競争力を大きく改善するチャンスであり、今後3年間のタイトルもメルセデスが獲得するのではないかと恐れを抱いているブラウンは、この変更が不可欠なものであると考えている。

「現行のレギュレーションやスピードの下では、メルセデスは今後3年間でタイトルを獲得できる本命チームであると言わなければならない」

「我々には、(メルセデス一強にならないように)2021年以降のレギュレーションに関して方向性を修正できるチャンスがあり、今それを行う必要がある。なぜなら、もし4、5チーム、あるいは6チームが優勝できたりチャンピオンシップを争うことができれば、F1はより人々を楽しませ、我々全員にとってもっと価値のあるものになるからだ。そうなれば最終的には、より健全なものになる」

「メルセデスが15勝してチャンピオンシップを制したとしても、5勝してチャンピオンシップを制したとしても、彼らが得ることができる評価は変わらない。より多くのチームが優勝できれば、F1は今日以上に人々を楽しませることができる」

シェア
コメント
マクラーレン、デル・テクノロジーズと長期スポンサー契約締結を発表

前の記事

マクラーレン、デル・テクノロジーズと長期スポンサー契約締結を発表

次の記事

【動画】メルセデス、2018年型エンジン始動。その模様を初公開

【動画】メルセデス、2018年型エンジン始動。その模様を初公開
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Jonathan Noble