マッサ、F1キャリア最終年のマシンは「楽しかった」と賞賛

今季限りでF1から引退したフェリペ・マッサは、ダウンフォースが増した2017年マシンを「楽しかった」と賞賛した。

 フェリペ・マッサは、今季限りでF1から引退した。彼は2002年にザウバーからF1デビュー。以来11勝を挙げ、2008年にはワールドチャンピオンまであと一歩のところまで迫った。

 そのマッサは、タイヤが幅広になり、空力効果が増した2017年のF1マシンを賞賛。かつて感じていた”挑戦”の感覚を味わうことができたと語る。

「間違いなく、2017年のマシンはドライビングしていて楽しい」

 そうマッサは語った。

「ただドライブしているだけで、Gと身体的な面で、ドライバーにとって非常に良い感触なんだ」

「このマシンで完璧なラップをこなすためには、適切なドライビングをしなければならない。タイヤのグリップがなくなったり、おとなしくドライブしなきゃいけなかった以前とは違うんだ。今はちゃんと”ドライバー”としてドライブする必要がある」

「今はおそらく、2006〜2008年あるいはそれ以前の状況に似ている。今のマシンは、すべてを受け入れる準備ができている。だから、ドライバーはリスクを冒さなければいけないし、適正かつアグレッシブなドライブをする必要があるんだ」

 2017年マシンのドライブを楽しんだマッサだが、オーバーテイクのしやすさを改善するために、まだやらなければならないことがあると認める。

「変える必要がある唯一のことは、前のクルマに近づく方法を理解することだと思う」

 そうマッサは語った。

「我々はダウンフォースを得ることができるけど、そのためには”空気”が必要だ。前にクルマが走っていて、”空気”を得ることができなければ、ダウンフォースを失い、その結果グリップを失うことになる」

「もしリバティメディアがマシンを改善することを検討し、前を行くクルマに近づくことができる方法を理解することができれば、オーバーテイクを増やすためには間違いなく良いだろうし、ショーを改善するためにも役立つはずだ」

 F1のチーム代表らは、レースを改善するためにサーキットレイアウトを変更しようとしていた。しかしマッサは、マシンのデザインこそが、より大きな問題であると語った。

「いくつかのサーキットは、確かに改善する必要がある。でも、その他のサーキットはその必要はない」

「確かなことは、サーキットよりもクルマの方が問題だということだ」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー フェリペ マッサ
チーム ウイリアムズ
記事タイプ 速報ニュース