マーク・ウェーバー、豪州モータースポーツの殿堂入りが決定

マーク・ウェーバーは、オーストラリアのモータースポーツにおいて殿堂入りすることが決まった。

 元レーシングドライバーのマーク・ウェーバーは、来年3月に行われるF1開幕戦のオーストラリアGPで、正式にオーストラリアのモータースポーツにおいて殿堂入りすることが発表された。

 彼はジャック・ブラバム、アラン・ジョーンズ、ピーター・ブロック、ミック・ドゥーハン、ケーシー・ストーナーらに続いての殿堂入りとなる。

 F1で通算9勝を挙げたウェーバーは、「僕にとって、このリストに新しく加わるというのは非常に特別なことだ」と語った。

「言うまでもなく、このリストには僕のヒーローたちが載っている」

「幸運だ。僕の周りには素晴らしい人たちがいる。成功を収めてきた人々と同じように、僕はなんとか向こう(ヨーロッパ)に行くことができて、かなり良い経験を積むことができた。」

「もちろん努力を認めてもらえるというのは素晴らしいことだ。僕のレースの99%は海外でのものだけど、誇りに思っている。でも僕たちが達成してきたものや、ここに至るまでに得てきた結果を認めてもらえてよかった」

「僕はこれを光栄に思う。何も疑うことはない」

 この殿堂の会長を務めるゲイリー・コネリーは、ウェーバーはオーストラリアのモータースポーツにおいて最も素晴らしい人物のひとりであると認められるにふさわしいと語った。

「マークは我々の国やスポーツにおいて、何年もの間素晴らしいアンバサダーだった。彼をこの殿堂に歓迎する」

「彼は、これまでオーストラリアの国旗を掲げてきた素晴らしい人々とそこに並ぶに価する」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Mark Webber
記事タイプ 速報ニュース