メキシコGP、米国GPからレース日の移行を提案されるも"雨季のため"拒否

メキシコGP主催者は、アメリカGP主催者からの要請があろうとも、6月にレース日程を変更する可能性はないと主張する。

 メキシコGPのプロモーターは、アメリカGP主催者からの要請があろうとも、6月にレース日程を変更する可能性はないと主張する。

 アメリカ・テキサス州に位置するサーキット・オブ・ジ・アメリカズとメキシコ・メキシコシティ市街付近にあるエルマノス・ロドリゲス・サーキットは、過去3年間、連戦でF1を開催している。

 しかし、アメリカGPのプロモーターであるボビー・エプスタインは、それぞれのレースの観客数を増加させるために、アメリカとメキシコの連戦を分けたいと考えている。

 今月初め、エプスタインはロイター社に対し、メキシコは6月に開催されるカナダGPとダブルヘッダーで開催すべきだと語った。

「近くで開催されるレースがカレンダー上で離れることができれば、プロモーターたちにとって有益でしょう」

「メキシコとカナダが連戦になれば、我々はブラジルとともに開催することになると考えています」

 しかし、メキシコのオーガナイザーであるアレハンドロ・ソベロンは、6月は雨季にあたるため、その要求を受け入れることは不可能であると主張している。

「ボビーは素晴らしい方ですし、私も彼に好意的です。彼のレースを分けるという考えは良いと思いますが、私はボビー側が6月に移るべきかと思っています。その方が彼にとって好都合のはずです」

「カナダGPとアメリカGPの日程を近づけた方が合理的だと言えるでしょう。6月にレースを開催し、両方のレースをパック売りすることも可能です」

「私はボビーや彼のオースチンでの業績を尊重しておりますが、6月は雨季なので日程を変更することは不可能ですし、現在の日程に満足しています。要望に応えられないことに対し、心苦しく思いますが我々は6月に日程を移すことはできません」

「10月に開催することで市内でも大きな祭り事になっています。しかしレースウィークが雨天となってしまったら、良いイベントにはならないでしょう」

来季の契約交渉

 メキシコGPは5年間のレース開催契約を交わしており、現在はその3年目にあたる。イベントは毎年大成功を収めており、今季のレースのチケットも完売している状況である。メキシコGPの主催者がレース開催契約を更新をためらうような大きな要因はない。

 ソベロン自身も、来年中に交渉が行われることを期待している。

「現在は契約締結から3年目です。次の契約交渉は来年に行われることでしょう」

「そこでメキシコでは選挙が行われます。F1はメキシコの素晴らしいアピールポイントとなり、さらに経済的にも良い影響を与えています」

「新しい政府が誕生する可能性がありますから、一度F1と腰を落ち着けて契約更新について話し合う必要があります」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース