「メルセデスは来季ボッタスよりハミルトンを優先する」とマッサ断言

F1を引退したマッサは、来季のタイトル争いにおいて、メルセデスはボッタスよりもハミルトンを優先するだろうと主張した。

 2017年限りでF1を引退したフェリペ・マッサは、メルセデスは来季、バルテリ・ボッタスよりもルイス・ハミルトンを優先するだろうと主張した。

 ハミルトンは、フェラーリのセバスチャン・ベッテルを退け、自身4度目のタイトルを勝ち獲った。チームメイトのボッタスとは、58ポイント差だった。

 メルセデスは通常ドライバーを同等に扱う方針でチームを運営しているが、2008年のタイトルをハミルトンと争ったマッサは、来季チームはハミルトン側に注力すると考えているようだ。

 マッサは「来年、チームは100%完全に彼(ハミルトン)の側につく」とmotorsport.comに語った。

「だから、彼はおそらく以前(ニコ・ロズベルグがチームメイトだった時)とは違い、チームメイトと何も問題がないんだ」

「本当に多くのことが、彼の側にある。そして彼は自分自身をより高めていくことができる」

 ハミルトンは、2017年シーズンに9勝を挙げた。特に、夏休み明けの6レースで5勝しており、2レースを残してタイトルを獲得した。

 これでハミルトンは、ミハエル・シューマッハー(7回)、ファン・マヌエル・ファンジオ(5回)、アラン・プロスト(4回)、セバスチャン・ベッテル(4回)といった、4度以上のタイトルを獲得したドライバーのリストに名を連ねた。

 マッサは、シーズン序盤に問題を抱えたマシンに対処し、一貫して高いレベルのパフォーマンスを発揮したハミルトンに感銘を受けたようだ。

「ハミルトンは完璧な仕事をした」

「彼はシーズン初めの数レースで、いくつか小さな問題は抱えていた。彼はペースを発揮できず、マシンに苦労していた。だが、彼らはそれを解決したと思う」

「彼は本当に素晴らしい仕事をしていて、楽しんでレースができている。だから彼は自分の実力を最大限に発揮できているんだ。彼がこれまで成し遂げてきたことすべてが、彼にふさわしいことだ」

「今年、彼は歴史上のどんなドライバーと比べられても劣ることのないドライバーとなった」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー フェリペ マッサ , ルイス ハミルトン
記事タイプ 速報ニュース