メルセデス、チームオーダー発令の可能性を示唆

メルセデスのチーム代表トト・ウルフは、ハミルトンとロズベルグの衝突を避けるため、今後チームオーダーを出す可能性を示唆した。

 メルセデスのニコ・ロズベルグとルイス・ハミルトンは、オーストリアGPの最終ラップターン2で接触。ハミルトンには大きなダメージはなく、先頭でチェッカーフラッグを受けたが、ロズベルグはフロントウイングを壊し、結局4位までポジションを落としてフィニッシュした。

 彼らチームメイト同士の接触は、スペインGPに続きこれで今季2度目。今後ふたりの接触を避けるため、チーム代表のトト・ウルフは、チームオーダーを課す必要がある可能性を示唆した。

「バルセロナまでの30レース、ふたりは互いに接触することはなかった。だから、私はずっと安心していた」とウルフは言う。

「彼らは教訓を得て、2度と接触が起きることがないと思っていた。しかし、最終的にはそれが起きてしまうことが明らかになった」

「それは再び起きる可能性がある。ならばひとつの選択肢は、レース中のある段階で、ふたり順序を固定してしまうことだ。これは不人気だし、私も好きではない。なぜなら、私も彼らのレースを見てみたいと思うからね。しかし、接触が起きてしまうなら、レースをさせるのは不可能だ」

「我々は少し冷静にならなきゃいけない。来週もレースがある。我々は関連するすべての人々と、今後状況を管理していく方法について、議論しなければならないだろう」

 ウルフは、メルセデスの決定は、ハミルトンとロズベルグが何を言おうと、変更されることはないと語る。

「彼らが何を言おうと、我々は決定を下す。我々は2台のクルマが接触することを避けなければならず、そのためにはすべての可能性がテーブル上に用意される」

非難はしない

 メルセデスのドライバーは、今回の一件についてお互い非難をしあっているが、ウルフにとってはどちらに責任があるか、それほど明確ではないと言う。

「私は明確に白黒つけられるようなことだとは考えていない。ニコのマシンはトラブルを抱えていた。そしてブレーキングを遅らせ、正常なラインからは外れていた。そして、ルイスは外側からニコを抜こうとした。それで最初の接触が起きたんだ」

「私は、いかなる非難もする必要はないと思う。なぜなら、ビデオやオンボードの映像を観る度に、新しい情報があるからね。私には私なりの見解があるが、ここでそれを披露するつもりはない。しかし、必要なことは実際に彼らがぶつかり合うことを防ぐことだ」

「ニコのブレーキは限界だった。そして左側のスペースを多くは取っていなかった。最終ラップの1周前、ニコのブレーキ・バイ・ワイヤにはトラブルが起きていたんだ。だから、彼は回生ブレーキを使えなかった。つまり、ブレーキ性能は低下していたということだ」

 ウルフは、今回の事故がロズベルグとの契約交渉に対しては、何の影響も及ぼさないと主張する。

「何もないよ。契約は、長期にわたる決断だ。だから、1レースのインシデントで、それに影響を及ぼすようなことはない」

 

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 オーストリアGP
サーキット レッドブルリンク
ドライバー ルイス ハミルトン , ニコ ロズベルグ
チーム メルセデス
記事タイプ 速報ニュース