メルセデス、トミー・ヒルフィガーとスポンサー契約締結

メルセデスが、ファッションブランドのトミー・ヒルフィガーとスポンサーシップ契約を締結したことが分かった。

 メルセデスは近年、服飾ブランドのヒューゴ・ボスからのスポンサードを受けてきた。しかしヒューゴ・ボスはフォーミュラEへとその支援先を変更。メルセデスより長く関係を築いてきたマクラーレンへのスポンサードも、それ以前に取り止めている。

 ヒューゴ・ボスがF1から離れることを発表した後、メルセデスはトミー・ヒルフィガーとの交渉最終段階にあった。かつてロータスやフェラーリへの支援をしたことがあるトミー・ヒルフィガーも、F1への復帰を熱望していた。

 今回の契約により、トミー・ヒルフィガーはメルセデスに対し、チームウエアとトラベル用ウエアを提供することになる。またルイス・ハミルトンとの、ライフスタイル分野での契約も含まれていると考えられている。

 トミー・ヒルフィガーのロゴは、メルセデスのマシンとガレージに貼られる予定だ。

 メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、今回の契約について次のように語った。

「新しいパートナーシップを始める時は、常にエキサイティングなモノだ。チームのイメージに関係する場合は、特にそうだ。今回の契約が我々のブランドを活性化することについては、私は非常に肯定的に考えている」

「トミー・ヒルフィガーが今シーズン、我々のチームをどのようにドレスアップしてくれるのか、そしてF1ファンの皆さんにエキサイティングな計画をお見せするのを、非常に楽しみにしている」

 なおトミー・ヒルフィガーは、ウイリアムズのランス・ストロールの父親が大株主を務めていることでも知られている。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム メルセデス
記事タイプ 速報ニュース