メルセデス、新エンジンの導入に”オイル不正燃焼”は関係ないと断言

メルセデスは、新しいエンジンをベルギーGPで導入したことと、エンジンオイル消費量の制限が厳しくなることは関係ないと主張している。

 メルセデスは、エンジンオイル消費量の制限が厳しくなる直前の、ベルギーGPで4基目のパワーユニット(PU)コンポーネントを投入することを決断した。しかし、この決断は貴重な開発時間を犠牲にしていることを意味している。そのため、メルセデスがエンジンオイルを不正に燃焼させており、そのアドバンテージを維持するためのPU前倒し投入なのではないかと疑われている。

 夏休み前のハンガリーGPにおいて、イタリアGP以降に導入されたエンジン(ICE)は、走行距離100kmあたりエンジンオイルの消費量が0.9リットルに制限されることをFIAが発表した。

 一方、メルセデスはこの制限が適用される前のベルギーGPにおいて4基目のICE、ターボチャージャー(TC)、MGU-Hを導入したため、走行距離100kmあたり1.2リットルのエンジンオイルを”消費”することができる。

 メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、ベルギーGPでのアップデートはエンジンオイル不正燃焼のためではなく、パフォーマンスの向上を狙って導入されたものだと断言した。

「それは大げさだ」と、ウルフはエンジンオイルの燃焼について語った。

「我々が(コンポーネントを)早期に導入したのは、パフォーマンスを向上させるためだ。シーズンの終わりまで、我々の直接のライバルよりも多くのレースを(同じPUで)戦わなければならないというリスクはあるがね」

「また、さらなる開発を導入するためには時間が足りなかった。最後のエンジン導入を待てば待つほど、多くのアップグレードを追加することができたはずだが、その時間が足りなかった」

「パフォーマンスの向上が、新しいコンポーネントを導入した理由だ。より多くのエンジンオイルを燃やすことで得られる、追加のパフォーマンスを引き出すためではない。だから、もしFIAに聞いてみれば、非常に興味深い結果が出るだろう」

 ベルギーGPでメルセデスが投入したICEは、週末の間エンジンオイルの消費量が100kmあたり0.9リットルを下回っていたという情報もあり、それが事実ならば今の所メルセデスの新ICEは新しい制限をクリアしているということになる。

 一方、フェラーリはメルセデスがベルギーで新エンジンを導入したことに驚いただろうが、大きな問題はないとフェラーリのチーム代表、マウリツィオ・アリバベーネは述べた。

「まず第一に、我々にはそういった論争はなく、私はこの種の事柄にコメントはしたくない」

「メルセデスは早期に4基目のICEを導入した。(次からはペナルティが科せられるため)今シーズン中は開発が導入されないという、彼らにとって不利な点もある」

 フェラーリは現在、TCのみ4基目を使用中。その他のPUコンポーネントはまだ3基目だ。motorsport.comの調べによればフェラーリの4基目、つまりペナルティを受けずに使用できる最後のICEはマレーシアGPで導入される予定となっているが、現在は拠点のマラネロで信頼性に関するテストを行っているという。

 そこで導入されるアップデートは、パフォーマンスの面で素晴らしい前進を果たしているそうだが、寿命についていくつか懸念が残っているようだ。

 アリバベーネは、フェラーリがオイルを燃焼させるという点で遅れをとっているのではないか、という”予想”を退けた。

「まず、我々は4基目のPUをまだ導入していない。オイル燃焼とは関係がないからだ」

「今年の初めに計画が立てられており、4基目のコンポーネントは適切なタイミングで、適切なパワーで導入したい。それが答えだ。オイルとは関係ない」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム フェラーリ , メルセデス
記事タイプ 速報ニュース