メルセデス、”最高レベル”を目指すため「チーム内の混乱が必要」と主張

メルセデスのチーム代表は、チームが最高のレベルをパフォーマンスを発揮するには、ハミルトンとボッタスがバトルを繰り広げる必要があると考えている。

 メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、たとえドライバーの管理が難しくなったとしても、チームに所属するそれぞれのドライバーがチャンピオンシップを争っている方が、チーム全体のレベル向上に役立つと語った。

 ニコ・ロズベルグの突然の引退により、今季からチームに加入したバルテリ・ボッタスは、ルイス・ハミルトンと良好な関係を築いた。しかしその代償か、コース上でボッタスがハミルトンに仕掛ける場面はほとんど見られなかった。

 ロズベルグとのチームメイト同士の争いに辟易していたハミルトンは、ボッタスとの関係に満足しているようだが、ウルフは異なる意見を持っているようだ。

「ストレスの多い状況を避ける必要はないと思う」と、ウルフは語った。

「もしチームメイト同士、ふたりのドライバーが優勝やチャンピオンシップを争うことになった場合、彼らがライバル関係になるということは認めなければならない」

「しかし、我々はここで新しい家族を築こうとしているわけではない。最も効果的なレーシングチームになりたいのだ。そのためにはストレスや緊迫感が必要だ。積極的な態度や考え方、落ち着きと同じくらい、混乱も必要だ」

「他のあらゆることと同じように、それらをミックスすることが、成功を得るためのレシピなのだ」

 一方で、ウルフは今季ボッタスが出した結果については賞賛している。そして、ボッタスがシーズン後半にスランプとも言えるほど苦戦したこと、その中で今季最終戦アブダビGPで勝利を収めたことが、最終的に彼の財産になるとウルフは考えているようだ。

「悪い時期から抜け出すというのは、最高の瞬間だ。数年経って今を振り返った時、彼はこれがレーシングキャリアにとって重要な瞬間だったと思うことだろう」とウルフは述べた。

「レーシングチームとして我々ができるのは、ドライバーふたりに裏表なく、公平に接し続けていくこと、できる限りのサポートをしていくことだけだ。最終的には、彼らはマシンの中で独りなのだ。彼は自力で(スランプから)抜け出した」

「彼はスランプの影響を受けていたと語っていたが、見た目的にそうは思えなかった。彼の持つ強さが、克服するのに役立ったのだろう」

「そして彼は、レースをするごとにパフォーマンスを上げていった。ご存知の通り、ブラジルでは予選が良かったものの、決勝はそれほどではなかった。そしてその後、アブダビで素晴らしい週末を過ごしたのだ」

 シーズン最終戦で勝利したことは、オフシーズンを過ごすボッタスにとってパーフェクトなシナリオだと、ウルフは語った。

「かなり重要なことだと私は思う。彼は非常に力強く予選を戦ったし、レースの間もすべてをコントロールしていた。彼はルイスと公平に、しっかりとレースをしたのだ」

「難しい時期を過ごした後にレースに勝ったことで、冬の間を通して良い勢いを保つことができるだろう。そしてそれがおそらく、彼にとって何よりの薬になる」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー ルイス ハミルトン , バルテリ ボッタス
チーム メルセデス
記事タイプ 速報ニュース