メルセデス、2トークンを使用し燃料システムをアップデート

シェア
コメント
メルセデス、2トークンを使用し燃料システムをアップデート
Jonathan Noble
執筆: Jonathan Noble
2016/04/29 21:06

メルセデスはロシアGPに向け、今シーズン中最初のパワーユニット開発トークンを使用したことを明らかにした。

Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 Team W07 recovers from a spin
Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 Team W07 recovers from a spin
Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 Team W07
Nico Rosberg, Mercedes AMG F1 Team W07

 メルセデスはその優位性を維持するために、シーズン中のパワーユニット開発トークンを使用し、燃料システムに微調整を加えたと言う。この変更は2トークンを要する開発だが、パワーユニット本体の変更ではないため、ルイス・ハミルトンとニコ・ロズベルグは、中国GPで使用したものと同じパワーユニットを使用し続けている。

 この変更はメルセデスAMGのみならず、カスタマーチームのウイリアムズ、フォースインディア、マノーにも提供されている。

 メルセデスは今回2トークンを使ったことで、残り11トークンをシーズン中に消費することができることを意味する。なお、今回はフェラーリも内燃機関を変更してきており、セバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネンは、新しいパワーユニットを投入している。フェラーリの残りの開発トークンは6である。

 ちなみにメルセデスは、このロシアGPからペトロナスの新しいオイルも使用しており、その恩恵も受けることができそうだ。

 

次の F1 ニュース
ロズベルグが首位発進。エアロスクリーン搭載車も走行:ロシアGP FP1レポート

前の記事

ロズベルグが首位発進。エアロスクリーン搭載車も走行:ロシアGP FP1レポート

次の記事

「F1はエアロスクリーンを数週間以内に承認すべき」とレッドブル

「F1はエアロスクリーンを数週間以内に承認すべき」とレッドブル
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント ロシアGP
ロケーション ソチ・アウトドローモ
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Jonathan Noble
記事タイプ 速報ニュース