モンツァ”悪天候”で走れなかったジョビナッツィ、シンガポールFP1走行

ハースF1チームは、イタリアGPのFP1で走行できなかったアントニオ・ジョビナッツィを、シンガポールGPのFP1で走らせることを決めた。

モンツァ”悪天候”で走れなかったジョビナッツィ、シンガポールFP1走行
Antonio Giovinazzi, Haas F1
Antonio Giovinazzi, Haas F1
Antonio Giovinazzi, Haas F1
Antonio Giovinazzi, Haas F1 Team Team
Antonio Giovinazzi, Haas F1 Team Team, signs autographs for fans
Antonio Giovinazzi, Ferrari Test and Reserve Driver

 フェラーリのサードドライバーであるアントニオ・ジョビナッツィが、シンガポールGPのフリー走行1回目(FP1)でハースのF1マシンをドライブすることになった。

 ジョビナッツィは、イタリアGPのFP1でハースのマシンを走らせる予定だった。しかし、その後の天候悪化が懸念されていたため、レギュラードライバーの走行時間を確保すべく、計画が変更されていた。その代替スケジュールとして、シンガポールGPのFP1でケビン・マグヌッセンのマシンを譲り受け、走行することになる。

 ジョビナッツィは今季の開幕戦オーストラリアGPで、負傷欠場したパスカル・ウェーレインの代役として出走しF1デビューを果たした。その予選ではQ2進出にあと一歩と迫る16位となり、決勝でも12位でフィニッシュしてみせた。続く中国GPでもウェーレインの代役を務めたが、予選・決勝共にクラッシュしている。

 第3戦からウェーレインがザウバーのシートに復帰したが、フェラーリはハースと契約を交わし、7回にわたってジョビナッツィがFP1に出走することになっていた。

 ハースでの”デビュー”走行はイギリスGPだったが、このセッションではレギュラードライバーのロマン・グロージャンより0.4秒遅かった。2度目の走行となったハンガリーGPでは、ターン11でクラッシュを喫している。

 ジョビナッツィは、2018年シーズンにはF1フル参戦することを目指している。これについては、フェラーリがザウバーをジュニアチーム化しようとしていることで、その見通しが高まったと自信を持っているようだ。

【関連ニュース】

シェア
コメント
来季PUの3基制限撤廃を主張するホーナー「むしろ5基まで増やすべき」

前の記事

来季PUの3基制限撤廃を主張するホーナー「むしろ5基まで増やすべき」

次の記事

トッドFIA会長「新規参入を目指す候補者から、真剣なオファーはない」

トッドFIA会長「新規参入を目指す候補者から、真剣なオファーはない」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント シンガポールGP
ロケーション シンガポール市街地コース
ドライバー アントニオ ジョビナッツィ
チーム ハースF1チーム
執筆者 Scott Mitchell