ヨーロッパGPフリー走行3回目:メルセデスが圧倒的な速さ。ライバルに1秒差で1-2独占

ヨーロッパGPのフリー走行3回目が行われ、メルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムを記録した。

 アゼルバイジャン・バクーの市街地コースで開催されている、ヨーロッパGPの2日目。初日からこの日までの間に、数カ所の縁石とピットレーンの一部が変更され、リヤタイヤの最低内圧も引き下げられた。

 セッション開始早々にアクシデントが起きる。インスタレーションラップのみを終えてピットに戻ったバルテリ・ボッタス(ウイリアムズ)が、ピットレーンの通信ケーブルを通す溝の蓋を跳ね上げてしまったのだ。ボッタスはこのトラブルでマシンに大きな損傷を負ってしまい、フロアを外しての作業を強いられてしまう。これでボッタスはコースに戻ることができず、初開催のサーキットで、予選前の貴重な走行機会を失う形となってしまった。

 セッション序盤に速さを見せたのは、初日苦しんだレッドブル勢。ダニエル・リカルドが1分46秒685のトップタイムを記録し、チームメイトのマックス・フェルスタッペンとともに、フォースインディア勢と上位のポジションを分け合った。

 ただ、メルセデスがタイムを出し始めると、ニコ・ロズベルグが1分45秒558でトップタイムを更新。その後1分45秒435までそのタイムを縮めている。チームメイトのルイス・ハミルトンもこれに0.1秒差で続いた。

 とはいえ、前日苦しんだレッドブルとフェラーリが上昇傾向にありそうなのも事実。リカルドはセッション中盤にタイムを更新してロズベルグに0.2秒差まで迫り、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)もこれに僅差に続いた。また、初日ボッタスに遅れを取っていたフェリペ・マッサ(ウイリアムズ)も、ペースを上げてきている。

 苦境に見舞われたのが、キミ・ライコネンである。ライコネンはパワーダウンを訴え、スローダウンしてピットに戻った。この修復はセッション終盤までには完了し、再びコースに復帰したものの、最終的に10番手に終わった。

 2セット目を履いたロズベルグは、自身のタイムを0.8秒更新し、1分44秒610を記録。ライバルに1秒近い差をつけた。対するハミルトンは、2度にわたって1コーナーをオーバーランしてしまい、なかなか1周をまとめることができない。しかしさすがはハミルトン。3回目のアタックで1分44秒352を記録しトップに浮上。タイヤはフレッシュな状態ではないにもかかわらず、このタイムである。

 すでにチェッカーが振られている段階で、最後のアタックラップを行っていたセルジオ・ペレスは、ターン15でクラッシュ。右リヤを大破させてしまう。これでセッションは終了となった。そのクラッシュの状況からも、ギヤボックスへのダメージが心配されるところだ。

 なお、このセッション中も各所でイエローフラッグが振られており、特に予選では、幸運不運を大きく分ける要因となるかもしれない。

 ハミルトンが3セッション連続でトップ。ロズベルグが2番手につけるも、ハミルトンの強さが目立つ結果になった。その後方は1秒近く引き離されており、メルセデスが1-2を独占する可能性は、かなり高いと言えそうだ。

 3番手争いは初日から好調だったフォースインディアやウイリアムズか? それとも、挽回傾向にあるように見えるレッドブルやフェラーリか? 激しい争いになりそうである。マクラーレン・ホンダも、トップ10を争えそうな状況だ。

 ヨーロッパGPの予選は、この後行われる。

F1ヨーロッパGP:フリー走行3回目結果

ClaDriverChassisEngineLapsTimeGapInterval
1  Lewis Hamilton  Mercedes Mercedes 17 1'44.352    
2  Nico Rosberg  Mercedes Mercedes 22 1'44.610 0.258 0.258
3  Nico Hulkenberg  Force India Mercedes 18 1'45.540 1.188 0.930
4  Daniel Ricciardo  Red Bull TAG 13 1'45.620 1.268 0.080
5  Sebastian Vettel  Ferrari Ferrari 20 1'45.630 1.278 0.010
6  Sergio Perez  Force India Mercedes 17 1'45.735 1.383 0.105
7  Max Verstappen  Red Bull TAG 14 1'45.901 1.549 0.166
8  Jenson Button  McLaren Honda 17 1'45.954 1.602 0.053
9  Daniil Kvyat  Toro Rosso Ferrari 19 1'45.981 1.629 0.027
10  Kimi Raikkonen  Ferrari Ferrari 16 1'46.024 1.672 0.043
11  Fernando Alonso  McLaren Honda 16 1'46.131 1.779 0.107
12  Carlos Sainz Jr.  Toro Rosso Ferrari 17 1'46.190 1.838 0.059
13  Romain Grosjean  Haas Ferrari 21 1'46.361 2.009 0.171
14  Felipe Massa  Williams Mercedes 20 1'46.510 2.158 0.149
15  Esteban Gutierrez  Haas Ferrari 21 1'46.670 2.318 0.160
16  Kevin Magnussen  Renault Renault 16 1'47.024 2.672 0.354
17  Pascal Wehrlein  Manor Mercedes 19 1'47.100 2.748 0.076
18  Jolyon Palmer  Renault Renault 18 1'47.158 2.806 0.058
19  Marcus Ericsson  Sauber Ferrari 14 1'47.328 2.976 0.170
20  Felipe Nasr  Sauber Ferrari 18 1'47.379 3.027 0.051
21  Rio Haryanto  Manor Mercedes 18 1'47.556 3.204 0.177
22  Valtteri Bottas  Williams Mercedes 1      
コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ヨーロッパGP
サブイベント 土曜日 practice
サーキット バクー市街地
ドライバー ルイス ハミルトン
記事タイプ フリー走行レポート