F1
20 6月
-
23 6月
イベント 進行中 . . .
27 6月
-
30 6月
イベント 進行中 . . .
11 7月
-
14 7月
イベント 進行中 . . .
25 7月
-
28 7月
イベント 進行中 . . .
01 8月
-
04 8月
イベント 進行中 . . .
29 8月
-
01 9月
次のセッションまで……
9 days
05 9月
-
08 9月
次のセッションまで……
16 days
R
第15戦シンガポールGP
19 9月
-
22 9月
次のセッションまで……
30 days
R
第16戦ロシアGP
26 9月
-
29 9月
次のセッションまで……
37 days
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
65 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
72 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
86 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
100 days

ヨーロッパGP持ち込みタイヤリスト。ミディアムは最少数

シェア
コメント
ヨーロッパGP持ち込みタイヤリスト。ミディアムは最少数
執筆:
2016/06/07 13:01

ピレリは、バクーで初開催されるヨーロッパGPの、各ドライバーのタイヤ選択リストを発表した。

Pirelli tyres

 バクーに持ち込まれるタイヤは、ミディアム、ソフト、スーパーソフトの3種類だ。ルイス・ハミルトン、フェラーリのふたり、レッドブルのふたり、そしてウイリアムズのフェリペ・マッサ、さらにはマクラーレンのふたり等は、ミディアムタイヤを1セットしか選択していない。このミディアムは、ソフトとともに、レースで使用が義務付けられているコンパウンド(いずれかのコンパウンドを最低1セット決勝で使わなければならない)。しかし、上記のドライバーたちは、このタイヤの出番はほとんどないと判断し、最少セットしか持ち込まなかった。

 一方、チャンピオンシップリーダーのニコ・ロズベルグは、2セットのミディアムコンパウンドを持ち込む。ライバルたちとは選択が分かれた格好だ。そのかわり、ハミルトンに比べてソフトタイヤの持ち込みセット数が、ひとつ少なくなっている(ハミルトンは4セット、ロズベルグは3セット)。スーパーソフトは8セットだ。

 フェラーリは5セットのソフトと、7セットのスーパーソフトを選択。レッドブルはメルセデスと同じく、スーパーソフトを8セット持ち込む。

 ソフトを最も多く持ち込むのはザウバーのフェリペ・ナッセで、6セットを選択している。

 バクーでのヨーロッパGPは、カナダGPの翌週、6月17〜19日に行われる。

 

Pirelli tire choices per driver
Pirelli tire choices per driver

Photo by: Pirelli

 

次の記事
ルノー「パワーユニットの更なるアップグレード予定はない」

前の記事

ルノー「パワーユニットの更なるアップグレード予定はない」

次の記事

ペレス、F1トップチームとの契約を期待

ペレス、F1トップチームとの契約を期待
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント ヨーロッパGP
ロケーション Baku City Circuit
執筆者 Pablo Elizalde
まずは最新ニュースを読む