ライコネンのペナルティがレースに影響したリカルド。「”幸い中の不幸”だった」

リカルドは、ライコネンのペナルティが彼のレース全体に影響を及ぼしてしまったと語っている。

 レッドブルのダニエル・リカルドは、予選ではフェラーリの2台に先行されたが、フェラーリ勢がグリッドペナルティを受け、4番グリッドを得た。しかし、決勝ではトラフィックに苦しみ、6位でレースをフィニッシュした。

 マレーシアGPのオープニングラップのインシデントを引き起こしたとされた、フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、日本GPで3グリッドダウンのペナルティを科せられていた。このため、予選6番手だったリカルドはグリッドが繰り上がり、5番グリッドからスタートする予定だった。

 しかしフェラーリは、決勝直前にキミ・ライコネンのギヤボックス交換を決断し、5グリッドダウンのペナルティを受けた。この結果、リカルドはレースの前に雨が降った鈴鹿で、乾いているアウト側のグリッドから、イン側の湿っている4番グリッドからのスタートに変更となった。

 決勝では、2番グリッドのルイス・ハミルトン(メルセデス)がスタートに失敗し、リカルドはこれを避けなければならず、スタートでフォースインディアのセルジオ・ペレスに先行され、オープニングラップのバックストレートでベッテルに抜かれてしまった。リカルドは、最後のピットストップの際にライコネンにも逆転されている。

「ライコネンのギヤボックスペナルティは、不幸中の幸いの”反対”のようなものだったと思う」とリカルドは語った。

「このせいで僕はグリッドの濡れている側からスタートすることになった。そのイン側からスタートした人たちは、みんな苦しんでいるように見えた。特にハミルトンとか」

「スタートの出だしが悪かったとは思わないけど、ハミルトンを避けなければならず、ウェットパッチを横切ったため、ペレスに前に出られてしまった。最初のスティントはそんな感じ。前のマシンに接近するのが難しかった。乱気流を受けて、前についていけなかったんだ」

「ベッテルはストレートで素早く僕を抜いていった。僕たちはストレートで速さがなかったから、トラフィックの中で苦しむことになった。僕らは窮地に陥ったと感じたし、僕はできることは何もないと思っていた。ただ状況が悪くなっていっただけだった」

「最後のスティントは、僕はやっとクリーンエアで走れて、スティントの始めは速いタイムも記録できたけど、その時にはもう僕は6番手で、それを受け入れるしかなかった」

「少し寂しいけど、こんなことも起きる。オースティンで返り咲いて、そこで良い週末を過ごすよ」

スプーンの出口で苦しんだリカルド

 チーム代表のクリスチャン・ホーナーは、レースでのリカルドの主な問題は、バックストレートの前のスプーンカーブの出口だったと明かした。1ラップ目にベッテルが彼を力強く追い抜いて行った、その場所である。

「ダニエルは確かに少し、昨日(予選)タイムを失っている」とホーナーは語った。

「確かに、マシンのボトミングに違いがあったし、燃料流量計が、ほんの少し彼のマシンに不利に働いたことを我々は理解している」

「決勝では、それらはOKだったようだ。彼の最大の問題は、決勝を通してターン14(スプーンカーブ)の脱出だったと思う。彼はインラップでそこが問題だと言ってきた。だから、我々は何が問題だったのか理解する必要がある」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 日本GP
サーキット 鈴鹿サーキット
ドライバー ダニエル リカルド
チーム レッドブル
記事タイプ 速報ニュース