F1
28 3月
イベントは終了しました
16 4月
次のセッションまで……
16 時間
:
32
:
01
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
14 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
20 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
34 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
48 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
55 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
69 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
76 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
90 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
104 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
132 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
139 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
146 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
160 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
167 days
07 10月
次のセッションまで……
174 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
188 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
195 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
203 days
03 12月
次のセッションまで……
231 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
240 days

ライコネン、厳しい状況を認めるも「残り4レース全て勝つつもり」

キミ・ライコネンは、ミスの連鎖を断ち切ることができれば、フェラーリは残り4レースを勝つことができると考えている。

ライコネン、厳しい状況を認めるも「残り4レース全て勝つつもり」

 キミ・ライコネンは、ミスの連鎖を断ち切ることができれば、フェラーリは残り4レースを勝つことができると考えている。

 フェラーリのタイトル獲得の可能性は、直近3レースでかなり厳しい状況となった。コンストラクターズランキングでは、メルセデスに145ポイントの遅れ。ドライバーズランキングでもセバスチャン・ベッテルはメルセデスのルイス・ハミルトンに対し59ポイントの遅れとなっている。

 残り4レース(アメリカ、メキシコ、ブラジル、アブダビ)の4レースのうち、どのレースで勝つチャンスがあるかと尋ねられたライコネンは、「いずれにしても、可能な限り全てのことをやるつもりだ」と語った。

「少し分からないところもある。サーキットはそれぞれ異なっている。だから毎週、ゼロからスタートして最善を尽くし、問題やミスを避けるようにしている」

 フェラーリはシンガポールとマレーシアでは、1-2を狙うことができるマシンを持っていた。日本GPでも、メルセデスを苦しめることができたはずだった。しかし、エンジントラブルやドライバーのミスが重なってしまった。その結果、この3レースでの獲得ポイントは、メルセデスの105ポイントに対して、フェラーリは僅か22ポイントとなってしまった。

「何が起きるか分からない。誰も知らない」

 コンストラクターズタイトルをフェラーリが獲得する可能性について、ライコネンは語った。

「しかし僕らは、最終戦の最終ラップまでプッシュし、どの位置で終われるかを見るつもりだ」

「最近は素晴らしいレースをすることができなかった。しかし、正しいことができれば、スピードはあると思う。少なくともそれはポジティブなものだ」

【関連ニュース】

シェア
コメント
2年目のシーズンは1年目より”厳しい”!? ハースF1オーナー語る

前の記事

2年目のシーズンは1年目より”厳しい”!? ハースF1オーナー語る

次の記事

バトン「マクラーレン時代、ハミルトンは"奇妙な同僚”だった」

バトン「マクラーレン時代、ハミルトンは"奇妙な同僚”だった」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー キミ ライコネン
チーム フェラーリ
執筆者 Lawrence Barretto