ラウダ、接触を引き起きしたベッテルの"攻撃的な動き"に「理解できない」

メルセデスのニキ・ラウダは、セバスチャン・ベッテルがレース序盤に"積極的な動き"をしたことに対し疑問を抱いている。

 メルセデスの非常勤会長であるニキ・ラウダは、セバスチャン・ベッテルがレース序盤に"積極的な動き"をしたことに対し疑問を抱いている。

 ポールポジションからレースをスタートしたベッテルは、オープニングラップのターン1~3でマックス・フェルスタッペン(レッドブル)とルイス・ハミルトンに交わされた。

 しかし、ベッテルはターン3の出口でハミルトンと接触。ハミルトンは右リヤタイヤをパンクし、さらにベッテル自身もフロントウイングを破損させた。

 オープニングラップの終わりにふたりはピットインし、最後尾からレースを再開した。その結果、ベッテルは4位となり、ハミルトンは2レース残して今季のチャンピオンを獲得することができた。

 今回ハミルトンは9位ながらもチャンピオンを獲得するという"変わった"流れについてラウダに訊くと彼は次のように語った。

「変わっていただろうか? 世界チャンピオンを獲ったのなら、彼が世界チャンピオンというだけのことだ。とてもシンプルであり、その方法については誰も気にしないだろう」

「私が理解できないのは、ベッテルが最初のコーナーで積極的な動きをして、ルイスに激しく当たったことだ。あれは決してルイスのミスではない」

「そこから彼のドラマがスタートした。しかし、その結末は信じられないほど良い結果を迎えた」

 レース後、ハミルトンはベッテルとの接触を避けるだけの十分なスペースを残していたと語っている。

「良いスタートを切ることができた。ターン3で何が起きたのかは理解できない。しかし、彼には十分なスペースを与えていたはずだ」

 さらにラウダは、操縦するのが難しいメルセデスW08を最大限に活用し、シーズン中盤でベッテルとの形勢を逆転させ、メキシコGPでタイトルを獲得したハミルトンを賞賛した。

「今年、ルイスは特に多くのことを改善することができた」

「4度目の世界チャンピオンになることを望むのであれば、常に良い結果を残し、さらにより良くなっていくことが必要だ。昨年から今年まで、彼はそれをやり遂げた」

「素晴らしいほどの進歩を遂げたのだ。昨年よりも操縦するのが困難なマシンだった。速く走るのは簡単なことではなかった。しかし彼は自分自身のパフォーマンスを高めるために、乗りこなしたのだ」

Additional reporting by Jonathan Noble

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 第18戦メキシコGP
サーキット アウトドローモ・エルマノス・ロドリゲス
ドライバー ルイス ハミルトン , Niki Lauda , セバスチャン ベッテル
チーム フェラーリ , メルセデス
記事タイプ 速報ニュース