リカルド、イタリアGPでペナルティ消化か? シンガポールGPに照準

レッドブルのダニエル・リカルドは、シンガポールGPでのチャンスを最大化するため、イタリアGPでPUを交換し、ペナルティを受けるようだ。

 レッドブルは、先週のベルギーGPでマックス・フェルスタッペンのパワーユニット(PU)に問題が発生したため、イタリアGPでグリッドペナルティを受ける可能性が高まっていたが、そのチームメイトであるダニエル・リカルドも、後方からのスタートを余儀なくされそうだ。

 リカルドとフェルスタッペンは、ベルギーGPの時点で内燃機関(ICE)がすでにシーズン中にペナルティを受けずに使用出来る、4基目に到達していた。リカルドは、ターボチャージャー(TC)も4基目、MGU-Hはすでに5基目を使用している。

 リカルドは、今週末のイタリアGPで新しいPUを投入し、グリッドペナルティを受ける可能性がかなり高いと述べた。なぜなら、PUのパワーに大きく依存するイタリアGPよりも、次戦シンガポールGPの方がレッドブルのマシンにより適していると予想されるからだ。

「シンガポールは、僕たちが強さを発揮するサーキットなのは間違いない」とリカルドは語った。

「シンガポールでは、古いエンジンでレースすることでリスクを負いたくない」

「(グリッドペナルティについて)戦略的にならなければならないのなら、僕たちはそう(イタリアでペナルティを受ける)するだろう。僕たちは今、満足できるようなポジションにはいないし、信頼性の面でリスクを負いたくないので、安全策でいく」

 リカルドは、ルノー製PUは信頼性不足により、出力の向上という改善を打ち消してしまっていると認めた。

「PUの進歩は、信頼性問題によって覆い隠されてしまっている。もし信頼性がもっと良くなれば、僕たちはそれをもっともっと良くしていけるはずだ」

「信頼性に問題が生じれば、僕たちはさらに遅れていくことになる。レースをリタイアする失望に加えて、アップデートや開発が遅れていくからね」

「これから問題が少なくなることを願うが、シーズン後半に入った今も問題を抱えている。もっと早く解決すると思っていた」

 フェルスタッペンとレッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、ベルギーGP後にルノーを激しく批判していた。

 フェルスタッペンは、ルノーが謝罪したかどうか質問され「謝罪は必要ない。問題に対処してもらいたい」と答えた。

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 イタリアGP
サーキット Autodromo Nazionale Monza
ドライバー ダニエル リカルド
チーム レッドブル
記事タイプ 速報ニュース