リカルド「フェルスタッペンを恐れてはいない。エキサイティングだ」

リカルドは、フェルスタッペンがチームに来たことでプレッシャーはあったが、彼はより高いレベルでレースができると感じたという。

レッドブルのダニエル・リカルドはまだ今シーズン優勝を果たせていないが、チームメイトのマックス・フェルスタッペンはスペインGPでレッドブル移籍後初優勝を挙げた。

 しかしリカルドは、今年のレースを楽しんでいるようだ。

 また最近のレースでは、メルセデスの優勢を崩すようなシーンも見せており、フェルスタッペンがチームに加入したことによる新たなプレッシャーのおかげで、自身のパフォーマンスが向上しているとリカルドは考えている。

 フェルスタッペンがチームメイトになったことへの印象を尋ねると、「僕のキャリアやドライビングにとって、これは大きなステップだと思う」とリカルドは答えた。

「僕は限界まで達していると思ってた。マックスがチームに来たことは大きな変化だったけど、それまでは、テストからロシアGPまでダニー(ダニール・クビアトの愛称)よりも上手くやっていたと思う。そこにマックスが来たんだ」

「すでに僕は限界のレベルでドライビングをしていたと思ってたけど、でもそれはもう少し先だったようだ。僕らはお互いにそのレベルに到達していると思う」

「マックスは自分のレースをもっとレベルの高いものにしているし、僕もそうだ。それに、僕らにはもっと引き出せるものがあるとういうのもわかってる。それが何かはわからないけど、僕たちはもうそれを見つけていると思う」

 フェルスタッペンとどのように戦っていくかということに関して、リカルドは彼がチームに来たことに関心を抱いていたと認めているが、彼を倒す必要はないとわかったという。

「新しいチームメイトが来たら、いつもエキサイティングだ」

「また違ったチャレンジだけど、違う人からも学ぶことがあるし、僕のレースの向上にもなる。これもエキサイティングな一面だし、僕自身にとってもベターだ」

「彼がチームに来て、10レース連続で僕の前を行けば、僕のキャリアが終わってしまうかもしれないということはわかっている。プレッシャーと好奇心はあるけど、ナーバスだなんて言わない。僕にとってはエキサイティングだ」 

「マックスがどれほど興奮しているかわかってる。僕は彼のデータを見たことがないし、何を話し合っているのか知らないけど、彼は挑戦することを恐れていない。バルセロナでの最初のセッションから、彼はマシンを限界まで走らせていた。これはエキサイティングになるだろうと思ったよ」

 一昨年、チームメイトだったセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)に勝ったリカルドは、自身の勢いを増す機会を見つけたようで、フェルスタッペンに勝つことの価値を分かっているようだ。

「僕はセブに勝った。4回チャンピオンになっているセブに勝つことができれば、それは僕のキャリアにとって追い風になることはわかってる」

「マックスに対してもそうだ。僕が彼らに勝てれば、それは僕の支えになる。僕は恐れていない。とても興奮している」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー ダニエル リカルド
チーム レッドブル
記事タイプ 速報ニュース